2006/9/21

Coo 遠い海から来たクー(’93)  日本

見るつもりの数日中に劇場鑑賞予定作品の関連作DVDが貸し出し中、で代わりに発見の久方のアニメ、今沢哲男監督作品。これもテーマ曲がユーミン作品ということもあり頭の片隅にありつつ未見だった作品。原作は景山民夫の直木賞受賞作品の海洋ファンタジー。

核実験による環境破壊、保護問題等の背景、怪しげな諜報機関も登場し悪人VS善人、というやや極端な形ながら人間の身勝手さ、その対照的な存在として古代恐竜の子供のクーやその一族、イルカ達、彼らを守ろうとする少年と父や周囲の人々、という構図。

とにかくカメとアザラシの合いの子のようなつぶらな瞳のクーの愛らしさ、背景の南太平洋の透明感溢れるきれいな海、父子とクーとの触れ合いが見もののファンタジー。エンドロールに流れた80年代の名盤「REINCARNATION」(’83)の中の「ずっとそばに」も懐かしいものが。ラブソングながらこの作品の情景、内容にもフィット。山口智子が父子に接近する女性の声の出演、脚本が岡本喜八監督だったりという話題もあったらしい作品。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FTS4

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ