2006/10/18

忘れえぬ想い(’03)  アジア

香港のイー・トンシン監督作品。事故で亡くなったミニバス運転手だった婚約者の子供を引き取り、自分も修理した彼のバスの運転手になって暮らしていこうとするヒロイン。

定番的ストーリーながら、雰囲気がどこか常盤貴子似、という気もする一途、気丈なセシリア・チャンと、残された子供(日中ハーフの原島大地君)、いつしか彼女らに寄り添う事故現場に居合わせた運転手(ラウ・チンワン)のバランスが、ラウの朴訥な人柄もあってほのぼのとした感触。

見守ってくれる次の相手に自然にシフトした感もあって、それはそれで特に小賢しい流れでもなかったものの、「忘れえぬ・・」というタイトルとはややニュアンスが異なる気もするけれど、特定の停留所はなく、タクシー感覚のミニバス、やや込み入った香港の街の交通事情など、街のゴチャゴチャした混沌さの中の熱気、息吹を背景にした、悲しみから未来へ歩を進める物語。AOLからジャック・ブラック主演「ナチョ・リブレ覆面の神様」の試写会招待券が。(http://www.wasureenu-omoi.com/http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FTRW2K)

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ