2007/1/13

トルコの旅<5>  旅行

96.5.5 カッパドキア(3)

カッパドキアの伝統産業らしい焼きものの店を多分見学。内部は覚えていないけれど、写真を撮っていたこの店の佇まいが、スッキリ素朴で洗練されていて感じがいい。

クリックすると元のサイズで表示します

野外の土産物屋では日本語の「バザールでござーる」などと書かれた看板、そのフレーズを繰り返す売り子も。日本人の観光客の買い物を期待、というのと、昔トルコを制圧していたロシアを日本が日露戦争で破った、という歴史もあり、この国では日本人に対する親愛度は高い、とのことで、それは自由行動の時、電車内等で何気なく折に触れ感じた。レストランで英語ではなく日本語が通じたり、ということも。

クリックすると元のサイズで表示します

土曜PM8時〜NHK「探検ロマン世界遺産」で、今日と来週、イスタンブール特集とのことで、今日の分最初の10分程録画し損ねたけれど、冒頭流暢に日本語を話すトルコ人雑貨屋店主の姿。独特のモスクの景観は懐かしさが。(http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/

トルコの旅<4>
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ