2007/1/22

草刈民代・久石譲  分類なし

昨夜TVを点けていたら、テレビ東京「ソロモン流」で草刈民代特集、練習や家での日常、韓国での公演や「白鳥の湖」等バレエ舞台風景等の様子、40代で現役、身体のケアへの配慮ぶり、「Shall We ・・」時の映像や、夫周防監督の「それでもボクは・・」試写会で、何度も裁判の取材に行ったりという製作過程の苦労を傍らで知るからというのもあってか見た後感涙していたり、監督が彼女について「世界一の正直者」等とコメントしていたり。

もう10年前だけれど「Shall We・・」はやはり、演技力云々というより彼女の俳優としては無色透明、心身の凛とした素の魅力がハマった部分も、と改めて。あの1本だけで女優業に欲を出さず本職に専念も潔いというか。(http://www.tv-tokyo.co.jp/soromon/back/index.html

またその後の「みゅーじん」という番組で、久石譲氏を取り上げていて、昨年この人の監督作「カルテット」「4MOVEMENT」DVDも見たけれど、やはり一番耳に残るのは「ハウルの動く城」の哀愁のワルツのテーマ曲「人生のメリーゴーランド」

番組では、コンサートで指揮の傍らピアノ演奏するこだわりのエネルギッシュさ、キャリアの始まりになったという「風の谷のナウシカ」の「風の伝説」のピアノ演奏があり懐かしさも。今手掛けているのは、ぺ・ヨンジュンのTVドラマの曲とのことで。(http://www.tv-tokyo.co.jp/m-jin/onair/070121.htmlカルテット(’01)4MOVEMENT(’01)

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ