2007/2/7

2/2(’05)  日本

新作DVDリリースの中島みゆきさんの小説原作、ややテイストは違ったけれど、渋谷Bunkamuraの「夜会」で上演の折故人と見に行った思い出もあり気になっていた伊藤秀裕監督作品。先日見ようとしたものの何故かDVDが作動せず、借り直し。

瀬戸朝香演じるヒロインが渡部篤郎と出合ったことで、心の奥に秘められた双子の妹と共に遭遇した過去の記憶が呼び起こされ、罪悪感から幻想に苦しめられ、彼の元から姿を消しベトナムに旅立つ。追ってきた彼との、共通の心の傷を分かち癒しあえる相手としての運命が明かされる。ややサスペンス風の展開、自力で何ともし難かった不条理で苦しむために生きてはいけない、という赦しのニュアンス。

エスニックな風景、アオザイ姿の瀬戸朝香がさ迷う、心象風景のようなベトナムの地。ストーリー的には予定調和風だけれど、傷つきあてどなくさ迷う見知らぬ彼女に手を差し伸べるベトナムの人々の視線や、エンドロールの夕陽+みゆきさんの歌声が、人の痛みを見守り包むような後味。

都合で朝一でやっと「マリー・アントワネット」を見てきた。未見のソフィア・コッポラ作品「ヴァージン・スーサイズ」はなかなかDVD在庫がない。(http://www.ctv.co.jp/2-2/

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ