2006/3/23

一票のラブレター(’01)  イラン

イランの次世代を担うとして注目らしいババク・パヤミ監督作品。イラン映画で海を見たのは多分初めてで、舞台はペルシャ湾に浮かぶキシュ島。

そこへボートでやってきた選挙管理委員だという若い女性と、彼女の補佐をする羽目になった警備兵が、何もない素朴な島を、ジープで巡りながら様々な人々に投票を呼びかける、変り種ロードムービーというか。

美人ではないですがハキハキしたジャーナリズム専攻だという女性、たまたま仕事探しに来ていて島で見初められたという朴訥な男性+島の人々、という例によって素人キャストも味わいが。

なかなか選挙の意義を理解しない一筋縄でいかない島民達相手に、奮闘する彼女+渋々付き合う一本気そうな彼のミスマッチな道中ですが、彼が最後に投じた一票は・・

というある意味純愛ストーリーでもありつつ、潮風、美しい空と海、冒頭の選挙の知らせの箱がパラシュートで舞い落ちる様子は「カンダハール」の一場面のようでもあり(元々マフマルバフ監督の短編がヒントの話のようですが)、ゆったりテンポの珠玉作。(http://www.crest-inter.co.jp/secret_ballot/

クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/3/25  0:04

投稿者:Autumn

Yamaさん:こんにちは!「KYOKO」関係でコメント頂いたのは、2年間で3人目です^_^;。あの頃の高岡早紀の魅力もあって、結構スパイス効いた邦画だったと思うんですが・・映画ファンになられたきっかけ、とのことでYamaさんにとっても傑作だったようですね。サントラでは、やはりテーマ曲でもあった1曲目♪「エスペランサ」が印象的です。また気が向いたらコメント下さい。

2006/3/24  18:44

投稿者:Yama

初めまして、『KYOKO』の検索でとんできました。このデイリーと関係なくてゴメンナサイ。
KYOKOは自分が映画ファンになるきっかけとなった映画でした。恵比寿まで観に行って感動したのを覚えています。
ビデオも買ったしサントラも買いました(サントラ自体も凄く良い!)。
今でも一年に一度は観たくなります。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ