2007/2/18

中山美穂  音楽

最近流すとしたらBGMは先日最寄レンタル店で中古CDを買った阿川泰子、だけれど、同じコーナーで中山美穂の「Pure White」('94)を発見して購入。これは録音もしておらず、彼女自身の曲が多いアルバム。

中山美穂は、前に音楽スレッドでも触れたけれど角松敏生作品「You’re My Only Shinin' Star」や飛鳥涼作品「Midnight Taxi」が彼女のムードに合った逸品と思った。最近は辻仁成夫人として子育てに専念のようで、姿も見かけず、女優としては、線の太さはなかったかもしれないけれど

内容はさておき織田裕二の絶叫や、ジェームス・テイラー等のサントラ盤等懐かしい「波の数だけ抱きしめて」('91)や、岩井作品「Love Letter」('95)、写真家荒木経惟の妻役だった竹中作品「東京日和」('97)等、柔らかい受けの出来る貴重な正統派美形、だった気が。

思えば竹中直人、という人は知る限り、「Shall We・・」での渡辺えり子とのコンビ等が違和感なく馴染むコミカルな味ながら、中山美穂、原田知世、高樹沙耶、天海祐希等、一見ミスマッチな美人女優陣ともそれなりに繊細、シリアスに演技を盛り立てる幅広さ、には感嘆。

昨夜深夜放映で、3年前見に行ったイラン映画「ブラックボードー背負う人ー」('98サミラ・マフマルバフ監督)があり、イラン映画放映は最近では「風の絨毯」以来で珍しいしインパクトもあった作品だったし一応録画出来て幸い。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ