2007/2/21

SONG FOR MEGUMI  音楽

何日か前にもニュースで見かけたけれど、昨日の新聞に、フォークグループピーター・ポール&マリーの、ノエル・ポール・ストーキーさんが、拉致被害者横田めぐみさんに捧げる歌「SONG FOR MEGUMI」を作り、19日にめぐみさんの両親の前でその曲を披露、という小さい記事が。

PP&Mはリアルタイム体験、ではないけれど「風に吹かれて」「花はどこへ行った」等、名前自体懐かしいグループ。この曲は、めぐみさんのお母さんの気持を代弁するような形で、日本語も交えて作った、とのことで、今日21日CD発売のようで。

反戦運動にも関わり、社会問題を歌うことも多く、同年代の娘さんがいるという背景等も、彼の心を動かした要因かもしれないけれど。なかなか日本人ミュージシャンには取り辛い行動なのかもしれないけれど、好ましいトピック、と。(http://www.asahi.com/national/update/0217/TKY200702170129.html

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ