2007/3/2

あの歌がきこえる「ふれあい」  音楽

一昨日の「あの歌がきこえる」は、ドラマ「われら青春!」の主題歌だった中村雅俊の「ふれあい」('74)。視聴者は高校時代、中村雅俊に似た学生との仄かな思い出のある女性。

中村雅俊自体、特に色が思いつかない、五十嵐純子との円満(のような)夫婦生活といい、バランスのとれた俳優・歌手、というイメージ。一時期ブームの熱血教師もので、村野武範の「飛び出せ!青春」の方は、青い三角定規というグループのテーマ曲と共に、おぼろげに印象があるけれど、その続編「われら・・」は、彼に人情味ある教師役は似合っていたとは思うけれど、余り記憶にない。

「ふれあい」もさしてどう、という思い入れある曲、というわけでもなかったけれど、メロディや素朴な飾り気ない歌詞を聞くと、’70年代の空気というか、やはり懐かしさがあった。

彼の曲では、小椋佳作品の「俺たちの旅」や、桑田佳祐作品の「恋人も濡れる街角」等、あっさりおおらかに歌い上げるボーカルが印象的。映画では最近では「HINOKIO」の父役で見かけていた。今日も仕事の合間試写会に。場所が新宿で時間も慌しいので母にも友人にも声をかけず。(http://www.nhk.or.jp/anouta/

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ