2007/3/13

英検対策  分類なし

ビジネス会話テキストの「ライターズ・ワークショップ」係宛てに英作を送る。確定申告もやっと終えた。優秀答案1編の答案と佳作者20名の名前が掲載され、専門学校の時名前だけは知っていた人が、何度か佳作に入っていたりしたのだった。勿論個々の添削等はないけれど、提出英作をコピーしておき、3号先の参考訳、解説と照らし合わせてチェック、というパターンで、一応なかなか現状チェックが難しい英作対策の1つとして復活。

”生春巻き”は適当に形態を書き、”フォー”のスペルは検索でサイトがあり”Pho”だとわかった。ベトナム料理は1度位機会があった気もしつつ具体的な記憶にないけれど、エスニックで美味しそうではある(http://www.vietnam-sketch.com/south/area/hochiminh/2004/09-001a.html)。2月号のこのコーナーの発表内容は、ヨン様の韓国料理レストラン開店、旬が過ぎた韓流ブームの中、実業家として新境地を開けるか、という旨、3月号は新興ブランドのコーチのトピックで、いずれ手をつけられれば。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ