2007/3/31

イルマーレ(’06)  アメリカ

新作DVDリリースの少し前に見たアレハンドロ・アグレスティ監督作品。オリジナルの韓国作品「イルマーレ」('00)がこの作品でのチョン・ジヒョンの魅力もあり結構好感度高かった作品で、気になっていたリメイク作。時を隔て同じ湖畔の家に住むことになる、男女の時空を越えた交流。

この淡い物語に、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックというペアは、少しどうなのかと思っていたけれど、二人のソフトな面が出て、舞台をシカゴの湖畔に移し、アメリカ版らしく、かヒロインが医師という働く女性の設定。二人のやりとりにやや都合良過ぎにも思えるダイレクトな演出もあったり、やはり韓国版の方が繊細な味が好ましいけれど、これはこれで1つの作品、として一応満足。

オリジナル同様、舞台の水辺の家自体の持つロマン、メールや携帯での平易な言葉の伝達の現代、姿の見えない相手との手紙、というレトロな媒体での互いの感情の交換が、タイムトラベルのSF要素もあるけれど、ゆったりノスタルジック、音楽も全体にそういうムードで先日「ヴァージン・・」でも聞かれたキャロル・キング、今回「It's too late」が流れたりして懐かしいものが。(http://wwws.warnerbros.co.jp/thelakehouse/

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ