2007/5/2

記念歌謡コンサート  音楽

先日の「歌謡曲だよ、人生は」記念コンサートでのスレッドに書いた演奏曲を映像、歌詞、メロディ等目にしたもので改めて記録を。思えばコンサートは折に行ってもこの手の複数歌手のショーというのは、学生時代天王寺の野外音楽堂でのニューミュージック系のコンサート以来かと。母も歌謡ショー自体十数年前の島倉千代子のコンサート以来、とのこと。

★1部
「夢追い酒」渥美二郎
「ひまわり娘」伊藤咲子
「女のねがい」宮史郎
「雨のバラード」湯原昌幸
「石狩挽歌」北原ミレイ
「ゴンドラまかせ」高田恭子
「スワンの涙」真木ひでと
「たそがれの銀座」ロス・プリモス
「夢は夜ひらく」園まり
「恋のしずく」伊東ゆかり

★2部
「ダンシング・セブンティーン」真木ひでと
「小指の思い出」伊東ゆかり
「ラブユー東京」ロス・プリモス
「女のみち」宮史郎
「ざんげの値打ちもない」北原ミレイ
「いとしのマックス」蛭子能収
「乙女のワルツ」伊藤咲子
「逢いたくて逢いたくて」園まり
「みんな夢の中」高田恭子
「東京ラプソディ」渥美二郎

そもそも歌謡曲は好きでも演歌は好んで聴く訳ではないものの、たまに耳にすると新鮮な部分も。やはり「ざんげの値打ちもない」、というのは今余りない類の、タイトル自体からしてインパクトを放つ曲。岩谷時子、阿久悠、有馬三恵子、いずみたく、筒美京平等といった作詞、作曲家陣の名前にも昭和の郷愁を感じる。(http://www.kayomusic.jp/concert/index.html「歌謡曲だよ、人生は」

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ