2007/5/31

SONGS 秋川雅史・平原綾香  音楽

昨夜の「SONGS」は、秋川雅史と平原綾香。秋川氏は「みゅーじん」、平原綾香は数年前たけし氏の番組で本田美奈子さん追悼特集があった時のゲストで、「Jupiter」とユーミンの「晩夏(ひとりの季節)」カバーを聞いて以来。そんなに馴染みはない人ながらマイベストはこの「晩夏」。

今回二人が歌ったのは「千の風になって」、「Jupiter」、宮崎アニメ名曲メドレー「いのちの名前」「もののけ姫」「世界の約束」、「感謝」。「千の・・」の最後に、編曲・ピアノで武部聡志、のクレジットがあり録画を巻き戻して見てみると、そのような風貌。

「千の・・」にまつわり新井満氏のインタビューもあり、出来ればこの人の「千の・・」も久方に聞きたかったけれど、氏の元に多くの便りが寄せられている、とのことで、2通紹介され、娘さんが亡くなった翌年の春、庭に例年より鴬がよく来て”身も心も軽くなって自由に空を飛んでいるよ”と鳴いているようで、娘が鳥になった、と感じられた、という旨のお母さんの便りが印象に。

折に触れての「千の・・」と共に、「Jupiter」は先日少年合唱団リベラでの洋楽版もラジオで耳にしたりして、特に平原版が好みという訳ではないけれど、やはり「一人じゃない・・」の歌詞と些細な嫌な事は洗い流されるスケール感の旋律の風格。(http://www.nhk.or.jp/songs/program.html「千の風になって」千の風になって(’04)・詩ドキュメント’07 私の千の風秋川雅史

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ