2008/2/6

それでも生きる子供たちへ(’05)  ヨーロッパ

先日新作DVDリリースのフランス・イタリア合作の7人の監督によるオムニバス作品。公開時やや気になった、厳しい現実の中で生きる子供達を主人公に描いた作品集。

否応ない環境で、少年兵として銃を持つ少年、冤罪で少年院に送られ、理容師の腕を持ちつつも、盗みを働く少年、両親がエイズ患者、自分も感染し、いじめに合う少女、等と、最初数編、結構重たさが続いたけれど、サンパウロで、貧民街に暮らし、お金になるガラクタを集めながら、都会をさ迷う兄妹の姿には、子供ながらの生きる知恵、楽天的力強さ、を感じたリも。

一番情感あって印象深かったのは、最後の中国舞台の「桑桑と子猫(ソンソンとシャオマオ)」。裕福な家の少女と孤児の少女が、あるフランス人形で微かにつながり、それぞれ性質の違うシビアな境遇で、生きていく姿。

幼少時、周囲から受けていた、無意識の愛情とか、背後の大人の事情とか、そういう原始感覚が蘇えって、ある種、心洗われた小品。他の作品も、現地の素人の子供の抜擢が多いようで、この作品も、役柄と割と似た境遇の少女2人が演じたとのことで、聡明・素朴な表情が残った。

ファンタジー的、哀愁漂う作風のもあったり、半々位で、フィクションとノンフィクションが入り混じったような作品群、という後味。今日は雪。(http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%http://kodomo.gyao.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ