2008/2/27

SONGS 甲斐よしひろ  音楽

先週の「SONGS」は一昨夜再放送録画を見た甲斐よしひろ。甲斐バンド時代、アルバム何枚か等馴染みがあった、という所。この人も結構久し振り。解散のままかと思っていたら’00年に再結成していた、と。歌ったのは「HERO」「風の中の火のように」「裏切りの街角」「駅」彼を敬愛するギタリスト押尾コータローとの「安奈」。

デビュー曲の「バス通り」は不本意だったそうだけれど、You tubeで改めて聞くと、甲斐よしひろの哀愁帯びた声質がフォーク調に似合っていなくもない味わい。でもやはりその後の「裏切り・・」や、「かりそめのスイング」「ポップコーンをほおばって」等疾走感ある曲が、頭に刻まれている。何というか、一本筋の通った男臭さのバンド、というイメージ。マイベストはバラードの「光と影」

今回カバーアルバムからの竹内まりやの「駅」にはやや驚き、徳永英明等ならともかく、この人と竹内まりや、はどうにも繋がらないと思っていたけれど、意外にしっとり歌い上げたのは、年輪の幅、かもしれないけれど、この人がこなすなら、大抵の硬派男性シンガーでも、とは思えた。(http://www.nhk.or.jp/songs/archive/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ