2008/3/20

転校生 さよならあなた(’07)  日本

昨年公開の大林宣彦監督作品。82年版のリメイクで、郷愁の新旧尾道3部作の中では印象は薄かったけれど、何か和み系を、という折もあり、見ておきたかった作品。ある時体が入れ替わってしまった幼馴染みの少年・少女の青春ファンタジー。(思えば音楽で触れた性同一性障害と同時になり、ずらそうか迷ったけれど意識的でなく偶然なので)

小林+尾美のオリジナル、ストーリーも記憶薄れているけれど、舞台を長野に移し、久方の大林作品、やはりやや鼻につく部分も入り混じったほのぼの感、先日の「犬神家・・」と比べると、リメイクとして新たな切り口、という印象はあったけれど、後半の展開は、病気から生死が絡み、何だか本来のテーマが壮大に広がりすぎ、もったりとした後味。

新人蓮佛(れんぶつ)美沙子はピアノ+透明感ある歌声も。(昔の石田ひかり+一色紗英)÷2のような物腰。森田直幸との、ファンタジーにしても、今時の中学生にしては多分ピュア過ぎ反応、でも身体と精神の男女の違いの問題もあって、特に前半可笑しくも切ない、思春期のアクシデントへのとまどいと奮闘ぶりだった。教師役の石田ひかりも久方、「ふたり」から結構年月が経った。録画した「アンナと王様」中断して途中。(http://www.amazon.co.jp/%E8%BB%A2%E6%A0%A1%E7%94%9F-%E3%81%95%E3%82%)

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ