2008/3/25

プレミアム10 インド・ヨガ聖地への度  分類なし

昨年末放映を録画したままだった番組、菅野美穂が各地でヨガをしながら、ガンジス川に沿って旅するドキュメンタリー。彼女はフジコ・へミングを演じたドラマ以来。以前からヨガ愛好のようで、色々なポーズでもかなり身体が柔軟そう。ラフなスタイルで、気さくに現地の人と接しながらの旅、ほとんど英語で通じるようで。サリーやインドのドレスをまとう場面もあり、麻生久美子のチャドルではないけれど、ムード的には結構エスニックさが似合っていたような。

以前郷里の女友達が、やはりインドを旅して、ヨガをするようになり、インドは、今回菅野美穂も手でカレーのようなものを食べたりしていたけれど、衛生の事もあるし、結構好き嫌いが分かれる所、と言っていた。正直余り今、行ってみたい地、とも、思えないけれど。「ギーター」という、ヨガの奥義を書いている宗教書や、ヨガ道場のを指す「アシュラム」という言葉等初耳、ビートルズがリシケーシという街に来て以来、そこがヨガの聖地になった、とも。

印象的だったのは、アールティ、という儀式で、夜7時頃ガンジス河畔に大勢集まって、何人かたいまつのようなものを振りかざしながら祈り、最後に歌を歌いながら火を灯した花かごを河に流し、精霊流しのようでも。毎日行われている、とのことで、キーウエストの毎日波止場に人が集まるサンセットパーティのように、日常の暮らしの一部、のよう。それと、菅野美穂が会いに行った、90才過ぎの当地のヨガの創始者の一人、の穏やかな表情。時間の流れ方が違うのだろう、と。(http://b.hatena.ne.jp/entry/6299959

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ