2008/5/17

チューリップ〜青春のラストラン〜  音楽

先週金曜夜放映録画を見た、3月の「プレミアム10」再放送。丁度チェックし損ねていた番組。結成35年目、昨年のチューリップ最終ツアーの様子。

近頃も「あの歌がきこえる」「SONGS」で登場したけれど、80年代に初代メンバーが次々脱退、一度解散宣言、その後再結成、と、色々ありながら、の長寿グループ、財津さんが、続けられるものならそうしたいけれど、と言いつつ、今回ピリオドを打つことになったようで。

各メンバーの各地でのソロ活動の様子も交えて、これまでのコンサート映像や、最終ツアーの模様。何だか年輪を経て、大人の同窓会、的なラフなムード。改めて、リサイタルのコンサートをツアー形式にしたり、野外ステージライブ、の先駆けグループだった、とも。甘ったるい、という向きもあるかもしれないけれど、愛着あったグループの1つだった。会場でも、30年来のファンという観客も割りといた。

やっぱり久々に聞いて「魔法の黄色い靴」「銀の指環」等、ある時代のこのグループが持っていた安らぎ的な良さ、を感じるし、最後はお決まりというか、「青春の影」。還暦を迎える財津さんが、自分には大きなメッセージは似合わないので、小さなメッセージソングを、と言っていたけれど、それで「生きるといふこと」というさり気ない曲を思い出したりも。(http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=705&ampあの歌がきこえる「青春の影」SONGSチューリップSONGSチューリップ(2)

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ