2008/7/20

エコール(’04)  ヨーロッパ

日本では一昨年公開のフランス・ベルギー合作のルシール・アザリロヴィック監督作品。原作は19世紀ドイツの短編、深い森の中の、外界から閉鎖された女学校、エコールで暮す幼い少女達の姿を描いたミステリアスドラマ。マリオン・コティヤールが出演、ファンタジックなDVDパッケージでも気になっていた作品。

小さな棺での眠りから覚めて、学校に迎え入れられたヒロインの少女、その夢の続きのような物語。原題「INNOCENCE」(無垢)の象徴のような、少女達の白い制服やタイツ姿と、森の濃い緑とのコントラストが印象的。春に見た「非現実の王国で・・」が思い浮かび、異色画家ヘンリー・ダーガーの描いた少女達の世界の一部実写映像版、のような感触もしたり。

バレエのレッスン、野外での縄跳び、フラフープ(大きな輪を腰で回す遊戯)、側転等、躍動する姿、でもそこで求められるのは、時が来て外の世界に送り出されるまで、まさに無垢であること、で、自分の好奇心で外へ出ようとする少女は、破滅の道を辿ってしまう世界。

彼女達の間の、友情、というより無邪気な思慕や、ふと垣間見える幼いゆえの残酷さ、少女期の不可思議で不安定な内面の心象のような、夜の森の小道に並ぶ仄かな街路、そこを行く少女の謎の行動、それに対するヒロインの好奇心、その好奇心に向けられる嫌悪感、等。実際のドラマ、というより寓話的ムード。

マリオンは、そこでのバレエ教師役で、「エディット・ピアフ 愛の賛歌」でのようなドラマティックさも「プロヴァンスの贈りもの」のような躍動感も抑え、エレーヌ・ドゥ・フジュロールと共に、その世界に根付いて少女達を管理する、彼女達と対照的な、成熟した肢体のクールな大人の女性像、また違う一面を見たようでもあった。

この作品の呼び声、ロリコン耽美芸術、と一言で言うのも、だけれど、箱庭的な世界での無垢な少女達の成長を味わいたい、という密かな視線、それを、それぞれ感受性を持つ少女側目線を交えて、ファンタジックに映像化したという感で、やはりある時期の少女だけが持つ甘酸っぱいエッセンスが散りばめられた、幻想的な白日夢、のような後味だった。(http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%http://www.cinematopics.com/cinema/works/「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」

クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/7/23  17:09

投稿者:Autumn

花さん、コメント有難うございます。明るい噴水のシーンは、不明確なラストですが、少女が湧き出る水ごしに少年と初めて出会ったり、あの後女性への新たな変化の暗示のようにも思え、瑞々しい映像という余韻でした。

2008/7/22  21:18

投稿者:花

TBありがとうございました。
無垢な少女たちの幻想的な世界を味わうことができました。
彼女たちはこれからどうなるのか。
ラスト、無邪気に水を掛け合う姿が印象的でした。

http://ameblo.jp/hanadiary/

2008/7/22  11:15

投稿者:Autumn

kimion20002000さん、コメント有難うございます。同じ原作とのことで続いて「ミネハハ」を見たのですが、結構生々しくシビアな描写も多く、でもこちらの方が原作に忠実とのことで、そう思えば「エコール」は随分ソフトに脚色したようですが、私も「エコール」の方が、好感でした。


2008/7/21  23:26

投稿者:kimion20002000

TBありがとう。
この原作を別角度から映像化したのが「ミネハハ」ですが、僕にはこちらの「エコール」の方が、ずっと幻想的でよかったですね。



http://blog.goo.ne.jp/kimion20002000/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ