2008/7/20

ミューズの晩餐 杏里  音楽

昨夜の「ミューズの晩餐」は杏里、一部オンタイム、一部録画で。昨年の「Mラバ」「SONGS」以来で、司会の川井郁子が、イルカや海の映像がバックのコンサートに行ったことがあり、切ない詞に合う声質、でも悲しいだけじゃなく優しさもあって慰められているよう、とかイルカのような癒しの力が、等の話。随分ご無沙汰だけれど、季節的にはやはり夏、の人。本人も色んな意味での自然(体)がすごく好き、とコメント。

音楽人生スタートは、小学生の頃ポールモーリアオーケストラの影響で、色んなアーティストの曲を知った、と。司会の寺脇康文が学校の給食の時間に「エーゲ海の真珠」がかかっていた、というような話、ポール・モーリアは一昨年訃報があったけれど、郷愁。

「オリビアを聴きながら」は17才でのあえてバラードで、というデビュー曲で、ジワジワとヒットしたけれど、最初は売れなかった、というのはやや意外。人生で一番大切な曲は、オリビア・ニュートン・ジョン「そよ風の誘惑」とのことで、「オリビア・・」提供者尾崎亜美版も好きだけれど、曲を作る前、杏里がオリビアファン、と聞いて作った、というエピソード、

「オリビア」は0.N.ジョンの事、というのは聞いた覚えあったけれど、そういう話は多分初耳、ある意味血の通った幸せなヒット曲だったのだった。オリビアが来日の際、カラオケの打ち上げに合流、本人の前で「オリビア・・」を歌い、「そよ風・・」も歌ったらサビをハモってくれて感激、というような話も。ユーミンへのフランソワーズ・アルディのような関係かも。

O.N.ジョンは特に癖のない爽やかなボーカル、浮かぶのは「ジョリーン」「フィジカル」等、耳に残っているのはやはり「そよ風・・」「カントリー・ロード」。今回アコースティックバージョンで歌い、ピアノは先日「世界はときどき・・」のクレジットにもあったフェビアン・レザ・パネ、やはりメロディは懐かしく、杏里の声質に似合っている感で一時心洗われるような。先週「SONGS 元ちとせ」は再放送共録画し損ね、今回火曜の再放送もなさそうで、今夜「みゅーじん」に登場でそれはチェック予定。一昨夜「時空の旅人」録画。(http://www.tv-tokyo.co.jp/bansan/backnumberMラバ 杏里SONGS 杏里ポール・モーリア

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ