2008/9/25

家庭の秘密(’75)等  本・映画

昨日たまに寄る本屋の一角に、漫画家花村えい子著の「家庭の秘密」を見かけとっさに買った。これは子供時代「あの日にかえりたい」がテーマ曲だった秋吉久美子主演ドラマ原作、のようで、あとがきを読むと、元々週刊マーガレットに連載の「霧の中の少女」を、自分で小説化した作品、と。

ドラマは「あの日・・」絡みもあり何度か見ておぼろげに池上希実子も出ていた、等と思うけれど内容は全く覚えていない。本の帯に秋吉久美子と映っているのは岩城滉一にも見える。「あの日・・」は久方に見かけたグレイブルーの物憂げなジャケットも郷愁。

帯の紹介では北の国の純愛物語、らしく釧路舞台だったのだった。秋吉久美子ヒロイン+釧路と言えば愛読した原田康子原作の同じ頃の「挽歌」('76)もそうで、久我美子版のリメイク、桂木役は仲代達矢だったのだった。週刊マーガレットはよく読んで、花村えい子のコミック自体、エレガントな絵柄は知っていて読んだかもしれないけれど、年代がずれるのかそう馴染みなく、具体的に浮かばないけれど、これは読んでみようとは。

夏に整理しきれていないのもあり、余り本は増やしたくないけれど、近くに赤と緑カバー上下セットの「ノルウェイの森」も見かけて購入。これは以前持っていたけれど、貸したきりになったのだったか、見当たらず、特に当面読み返したいとも思えないけれど手元にはあった方が、という本。

やや前に映画化、という話題も聞いて、「トニー滝谷」に続く村上春樹原作作品、になりそうではあるけれど、何だか余り映像化は見たくないタイプ、という感が。本は今「クライマーズ・ハイ」が停滞中。「大阪物語」の途中。「SONGS 沢田研二 Part2」録画し損ね、再放送は4日(土)に。 (http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731

(C)三笠書房
クリックすると元のサイズで表示します
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ