2005/11/17

8月のクリスマス(’05) AOLメッセージボードスレッド  日本

「8月のクリスマス」

富山県 スレッドマスター:Autumnroom 投稿日時 2005/11/17 0:57
アクセス数:3 更新日時 2005/11/17 0:57

ホ・ジノ監督の韓国映画のリメイク「8月のクリスマス」(関連サイトです)、「韓流作品・・」スレッドでも話題でしたが、一応邦画新作なのでこちらに。

女性の職業が交通整理員→教員だったり、主人公の友人がオリジナルよりワイルドでしたが、細かいエピソード、会話等、結構オリジナルに忠実で、舞台の富山県高岡市も落ち着いた雰囲気なぞっていたのでは、と。

ただ、やはりソフトなハン・ソッキュとシム・ウナのイメージがあるせいか、どうも主人公の運命を思うと、山崎君は線太な感じで、そういう状況で魅かれる女性としてめぐみ嬢はボーイッシュ過ぎ?という気が。ハン・ソッキュのような韓国男優特有のソフトさを日本人に求めるのは難しいのかもしれませんが、西島秀俊や田中直樹と綾瀬はるかとかだったら・・とか。

でも、オリジナル未見だったら、こういう飄々とした主人公と溌剌女性のカップルも違和感なかったのかも知れませんが・・レビューサイトでも、オリジナル見た人の、やはり山崎より関不評の方が見かけましたが、好意的感想も結構あったし、好みの問題とは思うのですが。

どちらも熱演でしたけど、山崎君は前作「月とキャベツ」(ミュージシャン役だったし)やJamFilmsの短編「けん玉」の方が、関めぐみは瑞々しかった「恋は五・七・五」の方が個人的には良かったような。

サントラもチェックしましたが、山崎担当の音楽は優しいムードに合っててなかなか。(「月キャべ」の挿入歌「月明かりに照らされて」名曲でした。)それと草村礼子のおばあさま役、写真映りも良くとてもお綺麗!でした。

(率直な感想・コメント、投稿でもメールでも結構です。)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ