2008/8/24

アクロス・ザ・ユニバース(’07) AOLブログトークスレッド  アメリカ

「アクロス・ザ・ユニバース」

 スレッドマスター:- BLOG
アクセス数:1087
投稿日時 2008/8/24 13:00:14
更新日時 2008/12/28 12:00:10

上映中の「アクロス・ザ・ユニバース」(←関連サイトです)は、60年代アメリカ舞台、ビートルズの33曲をフィーチャーしたミュージカル、の青春物語とのことで気になる作品で、いずれ見てきたいと。

ビートルズはスクリーンでは、4年程前ビートルズフィルムフェスティバルで、「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」「HELP」「LET IT BE」を見たのが最新、リアルタイム世代ではないですが、何枚かアルバム録音、折につけカバー含め、懐かしい曲、馴染みある曲はあり、

この作品は女流演出家ジュリー・テイモアが監督、主演はエヴァン・レイチェル・ウッドとジム・スタージェス、その他ジョー・アンダーソン、デイナ・ヒュークス等、

リバプールからアメリカへ父を探しにやってきた青年の、そこで出会った友情、恋等の青春模様が描かれ、ベトナム戦争の影も見えたりするようですが、やはり、各曲が物語の中で、どう使われているのかというのが楽しみです。

ご覧になった方の感想、批評、コメントある方等、自由にどうぞ!(投稿でもメールでも結構です)
<TB送受信、訂・修正の度に更新に。ダイアリー画面では、コメント欄クリックで感想等投稿欄表示に>


3 >2 コメント有難うございます

投稿者:Autumn(room) 投稿日時 2008/12/28 12:00:10
更新日時 2008/12/28 12:00:10

メルさん、こちらの方にもコメントを有難うございます。
メカの相性が良くないのか、このスレッドはどうもずっと、gooブログとは、TBを受けられても、こちらから届かないんです^^;。

「Strawberry Fields・・」の所は、他にも水中シーンとか、斬新な映像ありましたけれど、苺と絵の具の赤+戦争を絡めて、目と頭にインパクト残ったシーンだったです。

この作品はビートルズへのノスタルジー、もあって見たのでしたけれど、各俳優がそれぞれ持ち味で歌っていて、今聞いて、ビートルズの各曲が、ちょっと新鮮だったですね。



2 TBではご迷惑をおかけしました〜

投稿者:メル 投稿日時 2008/12/28 10:37:49
更新日時 2008/12/28 10:37:49

コメント、どうもありがとうございました♪
TBではお手数をおかけしてしまって、申し訳ありませんm(__)m
時々なぜかうまくいかないことがあるようで・・理由は謎ですが(^_^;

で、この映画ですが、目一杯楽しませてもらいました^^
私もストロベリー・フィールド・・の時のあの映像がとても
印象的でした。
歌詞がそのまま物語になっていくところ、俳優さんたちの歌の上手さ等々
たくさん楽しめる要素がちりばめられてて、そういうのを見つけるのも
楽しかったです♪



1 ビートルズが綴る青春模様

投稿者:Autumn 投稿日時 2008/9/4 16:00:16
更新日時 2008/9/4 16:00:16

昨日見てきましたが、冒頭の海岸シーンの主人公ジュード役ジム・スタージェスの「Girl」から始まって、エンドロールの「Lucy In The Sky With Diamonds」まで、やはりビートルズの懐かしい曲の数々が、各俳優の歌声での目新しさもあって、散りばめられた青春ミュージカルで、

特に耳に残ったのは、恋に落ちたエヴァン・レイチェル・ウッドとジムが、互いへの思いを込めてしっとり歌った「If I Fell」や「Something」、ジムとジョー・アンダーソンのNYでのアパートの大家役デイナ・ヒュークスが歌い上げた「Don’t Let Me Down」等。

エヴァンは「ママが泣いた日」でジョアン・アレンの娘役の一人だったのでしたが、歌声も伸びやか、ジムは面差しがややポール・マッカートニー似、とも思いナイーブかつ線太い印象。デイナはロックシンガーで、ミュージカルでジャニス・ジョップリン役等もしたことがあるそうですが、貫禄の歌いっぷり。ビルの屋上での演奏は、「Let It Be」で「Get Back」等歌ったビートルズの演奏シーンが重なったりも。

「Strawberry Fields」と、映像的に苺やジムの絵具の赤をミックスさせて、ベトナム戦争の暗澹さ、を表現したり、ジムがリバプールに戻りふさいでいた時、心を開かすような「Hey Jude」「Across The Univers」等の曲の使い方、も印象的。

ストーリー的には、自分の存在を知って欲しい、と初めて父に会いにアメリカにやってきた主人公の、アメリカでの青春の高揚と波乱。折に色彩処理した斬新な映像+ビートルズ曲の自由、切なさ、やるせなさ、怒り、愛情等織り交ぜて、60年代の、若者の自由な空気と激しい反戦運動の狭間で、価値観をつかめず、揺れ動く様子もありましたが、

後味的に、登場人物の心情自体は、今一つ底辺からじんわりとは伝わって来ず、確かにビートルズミュージカル、その時々の心情を曲が代弁、という趣で、つぎはぎ的になるにしても、骨格の科白は弱かった気がしました。が、ビートルズ、というノスタルジーと、改めてその多様な広がりも味わった、ユニーク斬新作という感触でした。(修正再投稿)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ