これからの演奏会・ライブ情報  演奏会

●YouTube [Tatsuhiro Watanabe]
演奏動画などを投稿しています。
小物打楽器の音楽や、打楽器アンサンブルなど、もしよろしければご覧ください。
2

2019/2/18

[第7週]間違い。  

日:
第6週に間違えて書いたので割愛w

月:
ずいぶn前に頂いたにもかかわらず、もったいない!と思って開けていなかった日本酒がある。
日本酒は鮮度が良い方が美味しい。長く飲まない方がよっぽどもったいない!ということで、夕飯に日本酒を空けることにした。
なので、日本酒を飲むことを考えた夕餉を考えたのだが…。
刺身しか思いつかなかった。
大変おいしゅうございました。

火:
昨夜が日本酒を飲むことを考えた夕餉だったこともあり、今宵も何か目的のある夕餉をと考える。
冷蔵庫に使いかけの野菜があったので、野菜を消費することを考えた夕餉と決定。
キムチ鍋を作る。
息子にはキムチを入れる前の具材で具だくさんの和風のスープを拵える。
大変おいしゅうございました。

『想像で描く12の鉛筆画』(仮称)はの各楽章の名前を再考している。
既に完成している楽曲も含め、大幅に楽曲名を変更するつもり。
既に考えていた12の曲名が悪い訳ではないのだが、もっと重心を自分に引き寄せたいと思ったのだ。
そもそも、仮称の曲名自体も『鉛筆で描く12の幻想画』の方が良いのでは?と思っている始末である。

水:
出かけた先でトイレに入った。
個室に入ったのだが、その施設内にあるレストランの空き状況をスマホで調べられる!(だから使ってね☆)というような案内張り紙があったのだが。。。
そのトイレ。女性用は長蛇の列だったんだよね。。。
そのアプリ(?)、トイレ版を作ると良いと思うよ!

木:
ネットのニュースで「ゼルダの伝説 夢を見る島」のニンテンドースイッチ版が発売されるというのを見た。
子供の頃、ゲームを持っていなかった僕は、友人が持っていたゲームボーイでクリアした思い出深い作品だ。楽曲を耳コピーしてエレクトーンで弾いたりもしていたなぁ。懐かしい。
https://youtu.be/dnilkIGcZEQ

オポチュニティが遂に見捨てられた。
砂嵐の中で半年以上もの間、通信の再開を夢見て交信を続けて来たけれど、ゆめはゆめに終わってしまったようだ。
今、彼の眼前にはどんな後継が広がっているのだろうか。
いつの日か、人類がオポチュニティが最後に見た風景を見る日が来るのだろうか。

金:
Number Girl 復活だーーーー!!!!!
「蝦夷に行くまで死ねない!」という人までまわりで出現しています。
ナンバガ。カッコいいし、今必要な音楽な気がちょっとする。


土:
休日。
午前中、2時間ほど息子の気の向くままに散歩する。
丸くて平べったい石を好んで探していたように思う。

午後、岡本太郎美術館に出かける。
「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」のギャラリートークを聞きに行く。
息子と一緒に見て回り、自分がグッと来るものと息子がグッときているらしいものとを感じながら楽しく鑑賞する。

息子と僕が一番グッときたのは、檜皮一彦さんの作品<hiwadrome: type ZERO spec3>。
第22回岡本太郎現代芸術賞で太郎賞を受賞された作品である。
岡本太郎は好きですが、あんまり美術とか詳しくないぞ!という僕ですが、パッと見ディスコか何かか?と思いながら息子がせがむままに中に入り、しばらくすると冷静に見渡すことが出来るようになりました。
見えて来たのは、人の在り方(という言い回しで柔らかくなってるかしら?)などを想わせる動画など。
それも見終えて「むぅ」と思いながらまたオブジェに目をやると、積み上げられた車いすの車輪のスポークが無造作に動いている光に照らされる美しさである。
微分リズムとかポリBPMとかを考えている人間だから感動したのかもしれませんが、絶妙な時間の切り方だと思いました。
(カッコいいから、是非生で見てみて!)


息子くんも非常に気に入ったようで、檜皮さんの作品に2度3度入り込んで鑑賞していた。


飽きてしまったのか、お腹が空いたのか、息子くんは1時間ほどで美術館はギブアップ。
目の前の広い公園でおやつを食べてシャボン玉などで遊ぶ。

息子くん、この日4時間以上お外で遊びました。
帰宅したらバタンキューでした。
0

2019/2/15

[第6週] 誤りに気付く  モブログ

日:
東京都練馬区内で行われたWSに息子と参加。
自分が音楽家であることを伏せてもよよーんっと参加していたのだけれど、息子が妙にプレッシャーを感じてしまったのか途中で泣き出してしまいました。

お昼を食べて少し公園で遊んでから、移動して午後は片岡祐介さんのワークショップにこっそり参加。
終わった後にあれこれ話し、そのまま飲みに行く。もちろん息子も一緒(笑)。
久しぶりにしこたま飲む。
夜はちゃんと息子と帰って寝かしつけましたよん。


月:
いろいろ考える。
この5月にボブフェス(?)的なことをやろうと思っています。
(´-`).。oO(5/11空けといてください!)

それと何年も前から思い立っては書き続けている『空想で描く24のクレヨン画』の続編にあたる曲集『multipl-insp-ired』の曲名を変更しようかなと思っている。
構想を練っているときから「ここが軸だ!」と思っていたことがズレたのではなく、軸だ!と思っていたことがあまりにも当たり前なことだと気づき恥ずかしくなったので…。
今のところ『幻想で描く12の鉛筆画』が候補です。

火:
最近、「見聞きしたくないニュース」がとても多い。
親が自分の子どもを人として皆していないんじゃないかと思うような事件や、バイトテロなどの自分がやらかしていることがいかにバカなことなのかという想像力が欠如しているような事件。

もし「継続は力なり」という言葉が真なのであれば、こういうニュースに触れ続ける(触れることを継続する)のって…。と少し恐怖するのである。
感覚が摩耗し、麻痺してしまわないよう、妄想力と想像力、そしてちょっとやってみる感覚を忘れないでいたいものである。


水:
最近仕事で帰りが遅く、自分が料理したものを口にしていない気がして、パパッと焼うどんを作って食べる。
やはり、作ってすぐにそれを味わえる料理は楽しい。
(´-`).。oO(作曲って美味しいけどすぐに食べられないからね。)

それにしても日付が変わっての帰宅は久しぶりである。

木:
少し時間ができた。
たまって家事を済ませ、新しいプリンターをセッティングする。
と、トラブル発生!
大したトラブルではなかったけれど(OSが対応してなかったw)、ちょっと恥ずかしいトラブルだった。

その後は、少し打楽器の練習。

金:
来週のとある仕事の打ち合わせと練習。


土:
雪がチラチラ降った日。
なぜか脳が動かない感じ(多分眠い)。
そう言えば少し寝不足かもしれん。

日:
銀座方面へ家族でドライブ。
日比谷公園で遊び、高鉄棒で辛うじて逆上がりを決める。

エルメスに行き向井山朋子さんのピアノを聴く。
途中、我慢できなくなった息子と緊急離脱。
緊急離脱だったので荷物を持っていなかった。辛うじて寒さをしのげる場所を見つけ、手持ちの僅かなお金で100円のビスケットを食べて終演を待つ。
高級な銀座のど真ん中でいつも通りなボンビーな佇まいを貫く(苦笑)。

久しぶりに作曲家の牛島安希子さんにお会いする。
お変わりなく、お元気そうで何より。
息子の相手をしなければならず、落ち着いて話せなかったのがちょっと残念(失礼しました)。

向井山さんが弾いておられた『カントオスティナート』。やはり良い曲だ。
なんとなくだけれど楽曲の全体像を把握しているため終演時刻を言い当てた僕に妻が驚いていた。


日記を書いていて気がついた。
今週は第6週だ!(今まで1週ズレてた!)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/2/5

[第5週]比較的音楽と戯れた  モブログ

日:
東京都練馬区内てWS。
自分の記憶力と発想力のお粗末さを感じながら、それを逆手にとって旨味にしなきゃいかんよなと感じる。
帰りに懐かしの江古田に立ち寄り、大学の先輩に会い、昔よく行った餃子屋さんを訪ねる。
親しい友人も誘い、細やかな楽しい時間を過ごす。

月:
家事と休息と作曲をする。
作曲は最近ちゃんと終止線をまたぐ快感を味わえていない気がして、ピアノの鍵盤の上で自由に指が音を採譜してみた。
音を出しながら楽譜を書くのはとても久しぶりで気持ち良かった。
楽譜にするのは後日にしよう。

火:
大変だけれど気持ちの良い仕事の日。
反省がない訳じゃないけど、これは次に活かそう。

水:
マリンバを弾き、ピアノを弾き、音と遊ぶ日。
学生の頃は当たり前のように、息をするように楽器に触れて音と遊んでいたけれど、今は「遊ぶぞ!」って気合が必要になってるかも。
もっと気軽に遊ぶように心掛けよう!と思うのと同時に、今年はそうやって喜びと気づきをもって音楽と再会できる年になると良いなと思った。

木:
月末。いろんな後始末とこれからが入り混じる日。
夜は雪が降るかな?と思ったけど、僕は雪を観測できなかった。
でも久しぶりの雨は、寒かったけど嬉しかった。
夜は作業をしながら床につく。

金:
朝から少しピアノを弾く。
息子と保育園に向かう道中で氷や霜柱を見つける。
今年の冬はあまり見つけられていなかったので、親子でちょっと喜ぶ。
仕事から帰った夜は、翌日の準備などして過ごす。


土:
練馬で「うたってがやがや おどってがやがや」のライブ。
珍しくたくさんピアノを弾く。
ほぼコード弾きなんだけど、パッと掴む鍵盤が以前と異なって来たように思う。
「こんなことが欲しいなー」と思って転回を変えたり、不必要に加えがちなテンション和音を除いたり。
それと、やっぱりたくさんの人に音楽を聴いてもらうのは楽しいなぁーと思った。

実は打楽器アンサンブルTHPRさんのコンサートで『Angel Angle』の再演もあった日。
夜は自宅近くの居酒屋で、家族で細やかな打ち上げた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/2/1

[第4週]月の位置  モブログ

日:
「コチニン」というニコチンの代謝物質があるらしい。
あ、これで1曲作れるなと思った(笑)。
知識検定ってのを知る。
受ける気はないけれど、出題される1000問は見てみたい気もする。でも、試験時間が休憩を挟んで計300分って…。

月:
月が大きかった。

火:
打楽器の練習をした。
全く下手になっていたし、筋力とかの衰えも感じた。
一方で、学生時代まで毎日練習し続けても気づかないことに一瞬で気づくような不思議な感覚もあった。
案外、「初めて通る道は迷いながらだけど2回目は迷わない」的な効果が練習にもあるのかな?と思った。
時間を見つけて練習しよっと。(下手だし)

水:
スタン・ハンセンの入場曲「サンライズ」を鼻歌しながら激しく息子と戯れて遊ぶと、息子が大爆笑する。
我ながら平成生まれとは思えない息子である。

木:
拙曲「宙のレゴリス」について委嘱主がTwitterで触れてくださるだけでなく、続編を!と言ってくださったことが嬉しかった。
「時の」とか「形而上の」とか、勝手に様々なレゴリスのことを空想した。

金:
日が昇る前に目が覚めたので少し楽譜書き。
大規模なミニマル音楽を勝手気ままに書いているのだが、展開を急いでしまっているなぁと感じる。もっとじわじわと、シーンが変わったことに気が付かないくらいの展開速度で、それでも中毒性のある曲にしたいなぁと思っている。
日が昇ってからは慌ただしい日となった。

土:
今らながら月の位置が気になる。
満ち欠けとともに月の満ち欠けは変わっていくんだっけか?と頭の中で太陽系を広げて観測。
…、ちょっと訳が分からなくなったので天球を回転させる方向で考えて、ナルホド月は日々異なる位置から出て入ってるのだなと確信する。
0

2019/1/20

[第3週] 気づき  

この1週間は驚きと気づきの1週間だった。
詳細の言及は避けるが、未来に現在を振り返ったとき、きっと思い出すこととなるだろう1週間だったと思う。
というのも、自分の意識のパラダイムシフトが起こったためだ。


「人はいずれ老いるもの」と端から決めてかかっていた僕。
昨年、3度目の年男を終えて、老いを感じ受け入れていたのだが、「受け入れちゃダメでしょ!」ということに気がついた。
一般的には当たり前のことなのだが、老いはまず抗うべきものであって、抗うことが叶わないときに認めざるを得ないもののはずなのだ。
であるにもかかわらず、僕はアホなことに老いを疑いもせずに受け入れてしまっていたんだなぁ。
ちょっと無知に鞭打って、軌道修正しなければと思ったのであった。

-----

30代になってからだろうか。
「上手くなりたい、強くなりたい」というよりは、「マイノリティーでありたい」というような意識を実は持っていた。
人と違うことを恐れないということに、一つの境地があるだろうと思い込んでいたのかも知れない。

今思うことは、「人は誰でもマイノリティーだ!」という感じ。
その中で、どう力を尽くしていくかが大事だと思う。


気がつけば、数年ボヤーっと生きてしまったのかも知れないが、今年は気づきの年としてささやかでも良いから、何か足跡を残さねばならんなぁ、と思ったりしたのであった。
0

2019/1/13

[第2週]停滞期  モブログ

日:ミノムシの日
布団にくるまってひたすらのんびり。(というかグッタリ…)
昔のアニメを飛ばし飛ばし見返したりしながら、ミノムシのように布団にくるまってぼやーっと一日過ごしてしまった。
でも、おかげで(?)口内炎がずいぶん良くなった!


月:息子の歌声
息子くんがよく歌を歌っていることに気がついた。
「おかあさんといっしょ」で聞いたことある歌や、保育園で教わったであろう歌。
音程感がイマイチなのだが、リズムは比較的正しいので曲を判別できる。


火:電車の遅延
なぜか電車が遅れていて、理由は構内放送でもスマホで調べても出てこない。
遅れてきた電車に鮨詰め(と言うより、英語のJam packedに近い)状態で帰る。

そんな帰り道、ひょっとして第三のビールよりも安価でそこそこの味の焼酎をノンアルコールビールで割る方が美味しい?(ホッピーは何故かノンアルより高い)などと考えてていた。
今度、金宮を手に入れたい。


水:神谷浩史さん
「プロフェッショナル -仕事の流儀」の録画を見る。
とても冷めた感じでご自身を客観的に捉え、努力を怠らない姿に尊敬。
そして、キャラクターや物語など作品がなければ成立できないご自身の仕事の内外に「自分の居場所」を探されている姿に感動。
僕の居場所はどこかなぁと考える。

夜、「手拍子の音楽(仮称)」のアイデアを思いつく。
思いつくままにどんどん作曲をしていくべき時なのかな?などと感覚的に思う。


木:またまたミノムシの日
最近、やたらとグッタリしてしまう。(やらなければならないことは沢山あるのに…。関係各位、スミマセン。)

YouTubeでQuizKnockというチャンネルを発見。
動画を見ながら、知識欲の旺盛さと知識の引き出しの正確な操作に驚いた。
サイトでは日々記事を書いていらっしゃるようなので、今度読んでみようと思う。


金:バタバタ
朝からバタバタと仕事に出かけ、夜遅くに帰宅。
ちょっと飲みすぎて就寝。
正月以来作曲ができていなくて、気になっている。作曲ってうーんって悩んだり面倒な作業でもあるんだけど、しないと禁断症状が出る気がしているので。


土:「思いっきり」不足
集中して何かを作るとか、そういう作業が不足している気がする。
思いっきりカレー作ったり、思いっきり運動したり、思いっきり何かしないと精神衛生上よろしくないと思うのじゃ。

-----

今週は「停滞してた」という印象が強かったですね。
無意識に沈んだ気持ちを外からの刺激で上向きになることを期待していたように思うけど、寧ろ内からの衝動で上向きにしていかなきゃいけないよな、と反省。
食べたいものを食べ、やりたいことをやり、そうして小さなことでもやれた事をバネに、やるべき事に手をつけていければと思います。

とりあえず、キンミヤ買って楽譜書いて、食べたいものは我慢せず食べようーっと。
0

2019/1/6

[第1週] 昨年の思い出と年末年始  日記

どこまで予定通り投稿できるか分かりませんが、今年は週一で出来事や感じていることを投稿できればと思っています。
誰も期待していないと思いますが、忘備録としてフランクに記録していけたらと思っています。

-----

2018年の年末、2019年の年始は僕の実家で家族三人ゆったりと過ごしていました。
29日に姉夫婦を含め家族一同が集まって夕飯を食べ、翌30日は年末恒例のお餅つき。
クリックすると元のサイズで表示します

31日は家族で実家近隣の大きな好演に出かけて思いっきり遊びました。
息子は僕に似てアスレチックなど怖がってしまう質のようですが、強く誘うと挑戦して結果的に「もっと遊びたい!」というタイプのようでした。
この日はローラー滑り台とターザンなどで遊びました。

大晦日の紅白歌合戦では、「USA」の音楽に合わせてお祖父ちゃんとダンス!
とても楽しそうに踊っていました。

-----

年明けてお正月。
クリックすると元のサイズで表示します

朝からお屠蘇をしこたま飲んでしまって午前中はグッタリと過ごし、駅前へお散歩する程度。
クリックすると元のサイズで表示します

午後から自宅近くの神社へみんなで初詣。お参りのあとは母校である小学校へ行ってみました。
広い校庭で走りまわり、滑り台やブランコ、トンネルをくぐったりうさぎを見たり、たくさん遊びました。

夜は食後に僕以上に熱心いニューイヤーコンサートを見る息子くん。
なんと自分のそっくりさんも発見していました。
クリックすると元のサイズで表示します

2日は成田山新勝寺へ。
クリックすると元のサイズで表示します
結構な人出に戸惑うところもありましたが、無事に参拝。
たくさんの御朱印をもらえることも知りました。
クリックすると元のサイズで表示します

3日は自宅への移動日となりました。
久しぶりに息子とたっぷり遊べる日々となりました。

4日から仕事はじめで、5日もお仕事でした。


作曲は1/1から書初め(?)をスタート。
今年も家族が皆健康で、いろいろと面白いことの多い年になればと思いました。


-----

振り返りとして、ひとつ言及したいことがある。
2018年に放送された「宇宙よりも遠い場所」というアニメ。
僕のアニメ好きを差し引いても心動かされる美しい作品だった。
中高生の方は勿論。まだ、その頃の無垢な心を持っている方。

是非見てください。
こんなに美しくもカッコ良く、素敵な大人の階段の登り方を僕は見たことがない気がするんだ。
キレい過ぎるという人もいるだろう。
でも、僕は登場人物に「羨ましい!」と気持ちを抱くくらい、羨んだのだ。

嘘だと思ったら、見てみたまえ。
南極は逃げも隠れもしないが、確かに宇宙よりも遠く研究すべき価値ある場所であることには変わりないのだから。。。
0

2019/1/4

謹賀新年  モブログ

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年はもう少しこのブログも更新頻度を上げたいなと考えておりますが、はてさて…。


2019年が皆様にとって良い年となりますように。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/11/16

before / after 17 years  モブログ

仕事の帰り道。
ふと、息子が成人して一緒にお酒を飲む日のことを想像しようとした。
今、2歳の息子。
あと17〜18年後のことだ。

全く想像がつかないので、今から17〜18年前のことを思い出してみた。
2000年、或いは2001年の秋のこと。

その当時の僕に今の僕なんて想像できるはずがないように、今の僕に17年後のことなんて考えられないけれど、なんだろう。
そんな無茶苦茶未来の話でもないな、という気もしている。


作曲を趣味にして、初めてパソコンに触って、いろんな曲を書くようになりつつあったあの当時。
いろんな本を読んで、万物の共通点を見つけられれば、その応用で世界を俯瞰できると思っていたあの当時。
物事の繋がり方として1対1だけでなく、ネットワークという在り方について無知ながらワクワクしていたあの当時。


あの時の僕に今の僕は全く観測できないし、あの時の僕に今の世界は全く予測できないけれど、何故だろう。

あの時から今までの時間が経過すると息子が成人すると思うと、とてもあっという間な気がする。


そこでふと気がついた。
僕の二十歳から今までの時間と、今から息子の二十歳までの時間。
その真ん中がだいたい今くらいなのかな、って。


楽しみだな。
僕の未来も。家族の未来も。
そして何より、息子の未来が。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ