2012/9/3

CWOps CW Open  CW DX
CWOps CW Open
CONTEST PERIODS: 1200Z to 1559Z, Sep 01 (Sep 01 21:00 - Sep 02 01:59 JST)
              2000Z to 2359Z, Sep 01 (Sep 02 05:00 - Sep 02 08:59 JST)
              0400Z to 0759Z, Sep 02 (Sep 02 13:00 - Sep 02 16:59 JST)
RULES: URL:http://www.cwops.org/cwopen.html


Session 1

 1日夜、1340 UTC 頃、同時に開催されている「Russian RTTY WW Contest」の合間に14MHz・CWバンドを覗く。
 14MHz北米方面が開けているようで2・3「CQ CWO」が聞こえる。聞こえる局を順次呼んでゆく。米国国内からも呼ばれているのでなかなか応答が得られない。何とかW9RE・N4ZZ・K4TDQSOできる。
 その後もときどきCWバンドを覗くが、北米へのオープンは一瞬だったようで何も聞こえてこない。R6AFQSOできただけ(合計4QSO)「Session 1」終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
4 pts x 4 Call = 16
Clamed Score: 16 Points


Session 2

 2日早朝1930 から起き出したので「Russian RTTY WW Contest」の合間に14MHz・CWバンドを覗く。
 QSOできたのはOZ7J/P・IS0/I0JX2局だけ。2040 で一休みする。
 2210 頃から運用を再開する。同様に「Russian RTTY WW Contest」の合間にCWバンドを覗く。
 21MHz2・3「CQ CWO」が聞こえる。何回も呼んでAC4CA・WJ9B・K2RDと何とかQSOできる。
 その後は信号が聞こえなくなったので 2300 (合計5QSO)「Session 2」終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
5 pts x 5 Call = 25
Clamed Score: 25 Points


Session 3

 2日午後0400 UTC から運用を開始する。14MHz2・3信号が聞こえるが、非常に不安定。ピークとタイミングが合えば何とかQSOできる。K0RF・AD6E・K5GN・W6EUQSOできる。
 0430 からしばらく休憩して 0630 から14MHz運用を再開するWJ9B「CQ CWO」が聞こえるので呼ぶと一発で応答がある。
 しばらく「CQ CWO」を出しているとJA0VTK・K4TDに呼ばれる。その後もサーチしたり、CQを出したりして、N4PN・K4BAI・NA5GQSOできる。
 その内にコンテスト終了の 0800 となる。合計10QSO「Session 3」終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
10 pts x 10 Call = 100
Clamed Score: 100 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Each different call sign once

0

2012/9/5  10:07

投稿者:Author
QSOありがとうございました。
土曜日はビッグオープンだったそうですが、弱小局には関係なし。
日曜日はW4あたりだけが聞こえる不思議なコンディションでした。

2012/9/4  10:54

投稿者:遠山
交信ありがとうございました。
積極的にCQを出されていましたね。
私はSession 3のみの参加で、計7局で
終了でした。コンデション悪かった
ですね。またお相手ください。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ