2013/1/29

BARTG RTTY Sprint  RTTY
BARTG RTTY Sprint
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jan 26 to 1200Z, Jan 27 (26 Jan 21:00 - 27 Jan 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.bartg.org.uk/documents/contests/sprint/rules/bartg-sprint-contest-rules.pdf

 26日夜、1200 UTC から運用を開始する。まず、各バンドをワッチするが14MHz以上は何も聞こえない。7MHz2・3信号が聞こえるがコンディションは非常に悪い
 諦めて 1230今夜の運用を終わるQSOできたのはUA0CNX(UA9・ASWN6K(K・K6NAだけ。

 27日朝2310 頃から運用を開始する。まず、14MHzをワッチするがほとんど信号は聞こえてこない。21MHz米国西海岸方面に開けているようなので21MHzに出る。
 聞こえる局と一通りQSOしてからは14MHz21MHzを行き来する。
 このコンテストマルチがバンドに係わらず1回しかカウントされないので、バンドを変わってもあまり意味が無いが、兎に角、1局でも多くQSOできるバンドに出る。
 正午合計47QSO。QSOできたマルチ14MHzHL・JA(JA5)・YB・JA0・JA321MHzK5・K7・K0・KL・K1・DU(OC)・VE(VE7)・BY・HS

 午後0400 から運用を再開する。同様に14MHz・21MHzを行き来する。14MHzでは時々UA3あたりが聞こえ出す。
 0700 を過ぎると21MHzでもヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 0800 過ぎに強力だがフワフワした信号が聞こえる。しばらくワッチしているとCE3EEAとコピーできる。呼ぶとすぐに応答がある。
 夕食時合計85QSO。その後QSOできたマルチ14MHzJA1・UA(EU)・UR・CE(SA)・LA・JA7・JA221MHzZL・OH・VR・SP

 夕食後1000 少し前から運用を再開する。14MHzで引き続きヨーロッパ方面が聞こえる。
 1100 過ぎから7MHzに出るが聞こえるのはJAだけ。JAのコールエリアもマルチになるので、聞こえる局を順次呼んでゆく。 1200 少し前に14MHzに戻るが、すぐに信号が弱くなる。
 その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計104QSO。その後増えたマルチ7MHzJA8・JA4・JA614MHzS5・ES・LY・OK・UA2・YL

 弱小局には厳しいコンディションであった

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: Single Op All Band
104 pts x ( 24 Cntry + 15 CallArea ) x 5 Cont = 20280
Clamed Score: 20,280 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once regardless of band
          JA, W, VE and VK areas once regardless of band
          Continents once regardless of band
0

2013/1/30  9:49

投稿者:Author
遠山さんQSO有難うございました。
CQを出してもほとんど呼ばれません。国内局が目当てです。hi

2013/1/30  9:30

投稿者:遠山
コンテストでのQSOありがとうございました。
CQを出されていたので、かなり稼がれましたね。
私は残念ながら3桁に届きませんでした。
次回のコンテストもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ