2013/3/18

BARTG RTTY HF Contest 2013  RTTY
BARTG RTTY HF Contest 2013
CONTEST PERIODS: 0200Z, Mar 16 to 0200Z, Mar 18 (16 Mar 11:00 - 18 Mar 11:00 JST)
RULES: URL:http://www.bartg.org.uk/documents/contests/hf/rules/bartg-hf-rules-2013.pdf

 16日午前、0200 UTC から運用を開始する。各バンドをチェックして、賑やかそうな21MHzに出る。米国西海岸方面には開けているがコンディションは今ひとつ。聞こえる信号も少ない。
 時々14MHz28MHzを覗くが、14MHzは同様なコンディション28MHzは全く信号は聞こえてこない。
 正午合計14QSO。QSOできたマルチ14MHzK(K5)・K7・VE(VE7)、21MHzでDU(OC)・UA9(AS)・KL(NA)・K(K6)・K7・BY・ZL

 午後0350 頃から運用を再開する。14MHz21MHzを行き来する。UA3あたりも時々浮き上がってくる。
 0600一休みする。合計30QSO。QSOできたマルチ14MHzHL・JA(JA3)・UA9・KH6・JA821MHzKH6・UR(EU)・JA(JA3)・UA
 0700 から運用を再開する。21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出すが、全般的に信号は弱い。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 夕食時合計40QSO。その後QSOできたマルチ21MHz9A・OH・OK・DL・SP・YL・YO

 夕食後1000 から運用を再開する。21MHzは信号が弱くなりこちらの電波が届かなくなったので、7MHz14MHzを行き来する。
 7MHz米国西海岸方面14MHzヨーロッパ方面に開けているがコンディションは今ひとつ。
 1200 から「Russian DX Contest」が始まったので、もう1台のPCを立ち上げて掛け持ちをする。
 1330 で今夜の運用を終わる合計53QSO。その後QSOできたマルチ7MHzDU・JA(JA7)・UA9・JA8・K(K6)・K7・BY14MHzYL・UA・SP

 17日朝2230 から運用を開始する。21MHzをメイン14MHz28MHzを時々覗きに行く。コンディションは今ひとつで、信号もあまり聞こえてこない。同時に開催されている「Russian DX Contest」の方が賑やかである。
 2300 で朝食のため一休みする。
 0000 少し前から運用を再開する。ほとんど局数は伸びない。
 正午合計65QSO。QSOできたマルチ21MHzK5・YB28MHzDU

 午後はほとんど信号が聞こえないので「Russian DX Contest」主力を置く
 「Russian DX Contest」の合間にRTTYバンドを覗くがほとんど信号は聞こえてこない。
 7MHz国内と2・3QSOできただけ。
 1130 で今夜の運用を終わる合計69QSO。その後増えたマルチ7MHzJA2JAだけ。

 18日朝0000 から運用を開始するがほとんど信号は聞こえてこない。
 14・21・28MHzを行き来するが、QSOできたのは14MHzで2・3の国内局DV1JMだけ。諦めて 0100コンテストを終わる合計72QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: SOAB Single Operator All Band
72 pts x ( 34 Cntry + 16 CallArea ) x 4 Conti = 14400
Clamed Score: 14,400 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once per band (including JA, W, VE and VK)
          JA, W, VE and VK areas once per band
          Continents once regardless of band
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ