2013/4/23

Worked All Provinces (WAPC) of China DX Contest  CW DX
Worked All Provinces (WAPC) of China DX Contest
CONTEST PERIODS: 0600Z, Apr 20 to 0559Z, Apr 21 (20 Apr 15:00 - 21 Apr 14:59 JST)
RULES: URL:http://www.mulandxc.org/144

 リストには洩れていたが、前日「 WA7BNM Contest Calender 」のサイトを見てこのコンテストが開催されるのを知る。急いでルールを確認して準備をする。

 20日午後、0600 UTC から運用を開始する。まず各バンドの様子を見る。14MHz21MHz「CQ WAPC TEST」が聞こえるので両バンドを行き来する。
 このコンテストワールド・ワイドの局と交信できるがほとんどが主催国のBY局で、その他は聞こえてこない。
 夕食時合計26QSO。QSOできたマルチ14MHzカントリー;HSプロビンス;SD・GD・BJ・HL・HN・SH・ZJ・SX・YN21MHzカントリー;BY・UAプロビンス;GD・BJ・SC・HN・FJ・JS

 夕食後1000 から運用を再開する。21MHzは信号が聞こえないので7MHz14MHzを行き来する。
 1200 から「オ−ル東北コンテスト」「CQ Manchester Mineira DX Contest」スタートしたので掛け持ちをする。「オ−ル東北コンテスト」に主力を置いて、そのサーチのついでにDXバンドも覗く
 1345 で今夜の運用を終わる合計56QSO。その後QSOできたマルチ7MHzカントリー;JAプロビンス;FJ・JS・SH・HN・BJ・SD・HE・ZJ・GD14MHzカントリー;Kプロビンス;GX・JS・FJ・LN

 21日朝2120 頃から運用を開始する。「YU DX Contest」も始まったので「オ−ル東北コンテスト」・「CQ Manchester Mineira DX Contest」と併せて掛け持ちをする。信号はほとんど聞こえてこない。
 2300 で朝食のため一休みする。合計59QSOマルチ14MHzプロビンス;SC・HEが増えただけ。

 朝食後2345 頃から運用を再開する。いずれのコンテストもあまり信号は聞こえてこない。
 0000 からは所属する羽曳野無線クラブが主催する「羽曳野コンテスト」が始まったので、その後はこのコンテストに主力を置く

 午後「羽曳野コンテスト」主力を置く。その内にコンテスト終了の 0600 となる。合計63QSO。その後増えたマルチ21MHzカントリー;VKプロビンス;SDだけ。
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: SO-CW-LS
592 pts x ( 8 Cntry + 31 Prov ) = 23088
Clamed Score: 23,088 Points

POINTS: Chinese stations: QSO with Chinese provinces etc;10 points

                 QSO with Asian DXCC entity: 3 points

                 QSO with other continent: 5 points.

        Non-Chinese stations: QSO with Chinese station: 10 points.

                   QSO with same DXCC entity: 1 points.

                   QSO with different DXCC on your own continent: 3 points.

                   QSO with other continent: 5 points

MULTIPLIERS: Each different Chinese provinces, municipal cities, autonomous regions and special administration zones, once per band

          Each different DXCC entity once per band

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ