2013/5/14

The 57-th CQ-M International DX Contest  CW DX
The 57-th CQ-M International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 11 to 1159Z, May 12 (May 11 21:00 - May 12 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.srr.ru/CONTEST/cq_m_13_eng.php

 11日夜、1200 UTC から運用を開始する。同時に「ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST」・「HPC World Wide DX Contest」・「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」が開催されているので、これらのコンテストを掛け持ちする。
 各バンドをワッチすると21MHzヨーロッパ方面が聞こえるのでしばらくこのコンテストに出て、以後は「関西VHFコンテスト」に主力を置いて時々DXバンドを覗きに来る。
 1430 で今夜の運用を終わる合計10QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9・UR21MHzYO・DL・HA・LZ・UA・BY

 12日朝2010 頃から運用を開始する。14MHzヨーロッパ方面が聞こえるので、それぞれのコンテストを掛け持ちしてCWバンド・RTTYバンド・PSKバンド、それにVHFを交互に覗きに行く。
 2330 で朝食のため一休みする。合計25QSO。QSOできたマルチ14MHzEA・F・UA・DL・I・YO・JA21MHzBV

 午前中DXの信号はほとんど聞こえてこないので「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」に専念する。

 午後0430 から運用を開始する。ロシアの局が多数聞こえるので21MHzをメインにして時々14MHz・28MHzを覗きに行く。
 夕食時合計54QSO。その後QSOできたマルチ21MHzUR・E7・UN・UR・OK

 夕食後1000 頃から運用を再開する。少しコンディションが悪くなったようなので14MHzをメインにして時々21MHzを覗きに行く。
 コンテスト終了間際14MHzK2VVとQSOできるがほかには米国方面は聞こえてこない。その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計71QSOコンテストを終わる
 その後増えたマルチ14MHz9M2・BV・UN・K21MHzYB・LY、とごく僅か。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry: SOAB CW Single Operator - All bands CW Only
164 pts x 29 country = 4756
Clamed Score: 4,756 Points

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
       Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
       Same country - 1 point
       Different Country, Same Continent - 2 points
       Different Continent - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ