2013/7/16

IARU HF World Championship  CW DX
IARU HF World Championship
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 13 to 1200Z, Jul 14 (Jul 13 21:00 - Jul 14 2100 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/iaru-hf-championship

 13日夜、1200 UTC から運用を開始する。米国中央部が聞こえるのでしばらくは14MHzに出る。
 1245 から21MHzに変わる。こちらではヨーロッパ方面に開けている。
 1315 から7MHzに出るが米国西海岸方面近場が少し聞こえるだけなのですぐに14MHzに変わる。その後は14MHz21MHzを行き来する。
 1600 で今夜の運用を終わる合計89QSO。QSOできたマルチ3.5MHz8N4HQ(JARL)7MHz34・45・06・59・35・DX0HQ(PARA)・8N4HQ(JARL)・21
 14MHzLR0H(RCA)・29・08・34・07・35・W1AW/4(ARRL)・B5HQ(CRSA)・CX1AA(RCU)・UN1HQ(KFRR)・S50HQ(ZRS)・44・HL0HQ(KARL)・33・54・31・59・YR0HQ(FRR)・30・9A28HQ(HRS)・DX0HQ(PARA)・R3HQ(SRR)・EM5HQ(UARL)・BM0HQ(CTARL)・YT0HQ(SRS)
 21MHz44・YL4HQ(LRAR)・OL3HQ(CRC)・R3HQ(SRR)・29・30・34・YR0HQ(FRR)・28・27・SN0HQ(PZK)・S50HQ(ZRS)・50・EM5HQ(UARL)・JU1HQ(MRSF)・LZ7HQ(BFRA)
 夜中2020 から1時間ほど起き出す。14MHzヨーロッパ方面が好調である。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 合計105QSO。QSOできたマルチ7MHzBM0HQ(CTARL)14MHz28・YL4HQ(LRAR)・OL3HQ(CRC)・DA0HQ(DARC)・IO5H(ARI)・06・E7HQ(ARABH)・39

 14日朝2250 から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来するがコンディションが悪くなっており近場しかQSOできない。
 2310 で朝食のため一休みする合計113QSO。増えたマルチ14MHzJU1HQ(MRSF)・YE0HQ(ORARI)21MHzBM0HQ(CTARL)・B5HQ(CRSA)・4928MHzB5HQ(CRSA)

 朝食後0030 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来するが近場しか聞こえてこない。
 正午合計135QSO。その後増えたマルチ14MHz8N8HQ(JARL)・5021MHz07・06・45・YE0HQ(ORARI)・59・3328MHz34・33

 午後0420 から運用を再開する。同様に14・21・28MHzを行き来する。  0500 を過ぎると14MHz米国方面とヨーロッパ方面が同時に聞こえ出す。
 夕食時合計203QSO。QSOできたマルチ14MHzEF1HQ(URE)・32・TM0HQ(REF)・27・18・SN0HQ(PZK)・61・37・60・45・JA1CJP(R3)・64・PA6HQ(VERON)・01・1221MHzLR0F(RCA)・5428MHz64

 夕食後1000 から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来するが近場しか聞こえてこない。その内にコンテスト終了1200 となる。合計226QSOでコンテストを終わる。その後増えたマルチ7MHz07・B5HQ(CRSA)・LR0F(RCA)・HL0HQ(KARL)・44・3314MHz49・21

 コンディションが今ひとつで目標とした300QSOには遠く及ばなかった。それに Achievement level awards 最低レベルの250QSOにも及ばなかった。ただ、マルチの方は最低レベルの75マルチを軽く超えのでアワードはいただけるようだ

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:Single Op CW Low Power
770 pts x ( 53 Zone + 48 HQ ) = 77770
Clamed Score: 77,770 Points

POINTS: 1 point per QSO with same zone or with HQ stations
       3 points per QSO with different zone on same continent
       5 points per QSO with different zone on different continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone once per band
          Each IARU HQ and each IARU official once per band

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ