2014/1/27

BARTG RTTY Sprint  RTTY
BARTG RTTY Sprint
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jan 25 to 1200Z, Jan 26 (25 Jan 21:00 - 26 Jan 21:00 JST)
RULES: URL:http://s3.spanglefish.com/s/7850/documents/contests/sprint/rules/bartg-sprint-rules--2014.pdf

 25日夜、1200 UTC から運用を開始する。各バンドをワッチするが14MHzで2・3「CQ BARTG TEST」が聞えるだけ。何とかURが2局できただけ。すぐに7MHzに変わる。
 7MHz米国西海岸方面に開けているようであるが、聞える信号は少ない。その後3.5MHz2・3の国内局とQSOして 1300 で今夜の運用を終わる合計10QSO。QSOできたマルチ3.5MHzJA(JA2)・JA7・JA47MHzUA9(AS)・K(K7NA)・K6・K014MHzUR(EU

 26日朝2210 頃から運用を開始する。まず、7MHzをワッチするが遅かったためか何も聞えない。すぐに21MHzに変わる。
 21MHz米国全土に開けているようであるが、貧弱なアンテナではあまり信号は聞えない。時々14MHz28MHzを覗きに行く。14MHzは2・3信号が聞えるがこちらの電波が届かない。28MHzはまったく信号は聞えてこない。
 2330 で朝食のため一休みする合計24QSO。QSOできたマルチ21MHzVK(VK4OC)・K5・VE(VE7)・K1・VE2・V6・KL・YB
 朝食後0045 から運用を開始する。14・21MHzを行き来する。聞えるのは近場ばかりで局数・マルチともほとんど伸びない。正午合計32QSO。増えたマルチJA8だけ。

 午後0355 から運用を再開する。同様に14MHz21MHzを行き来する。0500 を回ると21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 0745 を過ぎると28MHzでもヨーロッパ方面が聞こえ出す。信号は全般的に弱く、不安定であるが、呼べばほとんどから応答がある。
 夕食時合計75QSO。その後増えたマルチ14MHzUA・JA1・G21MHzZL・HS・UN・LY・I・OH・OK・S5・T8・SP・YL28MHzF・HA・YU・JA3

 夕食後0955 から運用を再開する。21MHz・28MHzはほとんど信号が聞えてこないので14MHzに出る。何とかヨーロッパ方面とQSOできるが、すぐにこちらの電波が届かなくなる。
 7MHzをワッチするがQSOした局が2・3聞えるだけなので 1100 少し過ぎにコンテストを終わる合計84QSO。その後増えたマルチ14MHzSM・DL・DU

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB
84 Pts x ( 28 Ctry + 14 CallArea ) x 4 Conti = 14112
Clamed Score: 14,112 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once regardless of band
           JA, W, VE and VK areas once regardless of band

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ