2014/4/22

CQ Manchester Mineira DX Contest  CW DX
CQ Manchester Mineira DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Apr 19 to 2359Z, Apr 20 (19 Apr 21:00 - 21 Apr 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.cqmmdx.com/rules/

 19日夜 1300 UTC 頃、「オ−ル東北コンテスト」のサーチのついでに14MHzをワッチすると「CQ MM」2・3聞える。急いで .log ファイルを切り替えて聞える局を呼ぶ。
 結局、UT0U9A7RとQSOできただけで今夜の運用を終わる

 20日「羽曳野コンテスト」が終わった 0700 UTC から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。しかし、ロシアの国内コンテストが始まっており、各バンドとも大混乱「CQ MM」はあまり聞えてこない。
 夕食時合計14QSO。その後QSOできたマルチ14MHzCX(CX2)・E51AND21MHzOH・XV9NPS・JT・UA28MHzPA・BV・9A・UA・JT

 夕食後1000 から運用を再開する。7・14・21・28MHzを行き来する。同時に開催されている「YU DX Contest」と掛け持ちをして「CQ YU TEST」も探す。
 今夜はコンディションが良く1200 を過ぎても28MHzでヨーロッパ方面が聞える。
 1230 で今夜の運用を終わる合計33QSO。その後QSOできたマルチ7MHzUA9・XE2S14MHzOA(OA1F)・UA921MHzLZ・UA9・S5・9M6・PA28MHzOH・UA9・JA・I・HA
 
 21日朝2130 頃から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。21MHzコンディションが今ひとつであるが、14MHzでは南米とヨーロッパ方面が、28MHzでは南米が多数聞える。聞える局を順次呼んでゆくが、こちらの電波が届かず応答が得られない局も多い。
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計45QSO。その後増えたマルチ14MHzPY(PS2)・LU(LU7)・YO・PR3・LZ・JT28MHzFK・CE(XQ1KZ)・ZL・PY(PY8)・PW2・PY5

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
158 Pts x ( 25 Ctry + 9 SA-Prefix ) = 5372
Clamed Score: 5,372 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
        2 points per QSO on 20-10m with different country same continent
        4 points per QSO on 80-40m with different country same continent
        3 points per QSO on 20-10m with different continent
        6 points per QSO on 80-40m with different continent
        3 points per QSO with maritime mobile
        10 points per QSO with CWJF member, YL or QRP station
MULTIPLIERS: Each SA prefix once per band
          Each DXCC country once only

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ