2014/10/13

第35回全市全郡コンテスト  CW 国内
第35回全市全郡コンテスト
開催日時:2014年10月11日 21:00 〜 12日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

 11日夜、21:00から、同時に開催されている「Oceania DX Contest CW」を中断して運用を開始する。まず、7MHzに出る。全国的に開けており、信号も強力である。聞える局を順次呼んでゆく。
 コンテストバンドの下の方はほとんどがパイルアップ状態なので、比較的に空いているバンドの高い方に出る。
 一通りQSOしてから3.5MHzに変わる。こちらも同様で全国的に開けている。
 22:50から144MHzに出る。CQを出すと数局連続して呼ばれる。一通りQSOしてから7MHzに戻る。
 23:30で今夜の運用を終わる合計82QSO。ほとんどがマルチにもなる。

 12日朝06:00少し過ぎから運用を開始する。JA8あたりが強力に聞える。数局とQSOしてから3.5MHzに出る。あまり信号が聞えてこないので、14MHzに変わる。JA7/8の他にJA1あたりも時々聞えてくる。
 07:45頃、21MHzを覗いてみるとこちらでもJA8あたりが聞える。
 08:30で朝食のため一休みする合計112QSO

 朝食後09:30から運用を再開する。引き続き14MHzに出る。全国的に開けてきてJA1/2あたりともQSOできる。
 10:10頃から21MHzや28MHz、それにVHFを覗きに行く。近場以外はあまりQSOできないので1時間ほどで14MHzに戻る。
 正午合計155QSO

 午後13:15頃から7MHz運用を再開する。QSOした局が多くなるが、丹念にサーチすると結構新しい局が見つかる。
 14:00少し過ぎから14MHzに出る。さらにコンディションが良くなり、ほとんど全国的にQSOできる。
 15:00一休みする合計213QSO
 15:45から運用を再開する。21MHzでもJA1あたりとQSOできるが次第にこちらの電波が届かなくなる
 17:30から7MHzに出る。聞えるのはほとんどがQSOした局のCQで、全く局数が延びないので、すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzは全国的に開けているので聞える局を順次呼んでゆく。夕食時合計238QSO

 夕食後19:30少し前から運用を再開する。引き続き3.5MHzに出る。
 20:00を過ぎるとQSOした局が多くなり、なかなか新しい局は見つからない。その内にコンテスト終了の21:00となる。合計274QSOコンテストを終わる
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信シングルオペ オールバンド (CAM)
274 Pts x 251 市郡区 = 68774
Clamed Score: 68,774 Point

得点: 完全に行なわれた交信を1点とする(同一バンドにおける重複交信は、電波型式が異なっても得点としない)
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ