2015/3/2

第23回 広島WASコンテスト  Digi/CW 国内
第23回 広島WASコンテスト
開催日時:2015年2月28日(土) 21:00 〜 3月1日(日) 17:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1502.htm#0228hiroshima
   http://www.hs-contest.org/was-2015/rule.html
使用周波数帯: 周波数 月日 運用時間
        1.9MHz 2/28 21:00〜24:00(3H)
        3.5MHz 2/28 21:00〜24:00(3H)
         7MHz 3/01 13:00〜17:00(4H)
         14MHz 3/01 09:00〜12:00(3H)
         21MHz 3/01 09:00〜11:00(2H)
         28MHz 3/01 08:00〜10:00(2H)
         50MHz 3/01 09:00〜12:00(3H)
        144MHz 3/01 09:00〜12:00(3H)
        430MHz 3/01 10:00〜12:00(2H)
        1200MHz 3/01 10:00〜12:00(2H)

 28日夜、21:00から運用を開始する。この時間帯で運用できるのは1.9MHzと3.5MHzであるが、1.9MHzはアンテナが無いので3.5MHzに出る。
 ところが、PCに回り込みが生じ、すぐにPCがダウンしてしまう。色々調べたが原因が全くわからない。諦めて、手送りで送信し、手書きでログをつけようと準備をする。
 何とかこの状態で運用を再開するが、大変な手間である。その内にロギングだけはPCでできることがわかる。
 このような状態で運用を続けるが、効率が上がらないし、草臥れるので、諦めて23:00で今夜の運用を終わる合計25QSO。QSOできたマルチ3.5MHzPM84・PM74・3513・PM85・PM95・3502・QM06・QM08・PM86・350103・PM96・PM53・PM97・3514

 1日朝08:00から運用を開始する。この時間帯で運用できるのは28MHzだけである。2・3信号が聞えるが近場ばかり。
 08:30で朝食のため一休みする合計33QSO。QSOできたマルチ28MHzPM74・PM85・3508

 朝食後09:45頃から運用を再開する。この時間帯で運用できるのは14・21・50・144MHzである。まず、21MHzに出るがQSOできたのはJR2AWS(PM86)とN6TI(DM13)だけ。他には何も聞えてこない。
 すぐに14MHzに変わる。14MHzではJA6/7/8あたりが強力に聞える。聞える局を順次呼んでゆく。
 時々21MHzやVHFを覗きに行くが何も聞えてこない。その内に1日前半終了の12:00となる。合計60QSO。その後QSOできたマルチ14MHzQN03・PM95・QN02・QM09・PL36・3502・PM75・PM74・QM08・PM85・PM86・PM51・PM42

 午後13:00から運用を再開する。この時間帯で運用できるのは7MHzだけである。聞える局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてからRTTYバンドを覗くが何も聞えない。しばらくCQを出すQSOできたのは2局だけ。その後はCWに戻って新しい局を探すが、QSOした局が多くなりなかなか新しい局は見つからない。
 14:20頃からしばらくは同時に開催されている「UBA DX Contest, CW」主力を置く
 コンテストの終了時間が迫ってきたので16:00から追い込みをかける。専らCQを出すがあまり呼ばれない。16:30で諦めてコンテストを終わる合計122QSO。その後QSOできたマルチ7MHz3513・PM74・PM96・PM95・PM83・PM86・PM75・PM42・PM63・PM85・QM08・QM053509・QM06・PM51・PM84・PM94・PM73・350103・PM64・QN03

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 シングルオペ マルチバンド (G-M)
174 Pts x 53 市郡区/GL = 9222
Clamed Score: 9,222 Point

得 点: 県内局との交信: 5点
      県外局との交信: 1点

          ※県外局同士の交信も有効。また、海外局との交信も有効。
          同一バンドにおいて同一局との交信は電信・電話・デジタルそれぞれ1交信ずつ有効
マルチプライヤー: 異なる広島県内の市郡区ナンバー及び、異なるGL数。
              但し、バンドが異なれば同一市郡区/GLでもマルチとする。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ