2015/11/16

WAE DX Contest, RTTY  RTTY
WAE DX Contest, RTTY
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 14 to 2359Z, Nov 15 (14 Nov 09:00 - 16 Nov 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.darc.de/referate/dx/contest/waedc/en/rules/

 14日朝、0030 UTC から運用を開始する。まず、21MHzに出る。近場の他、米国西海岸方面も聞えるが局数は少ない
 時々14MHzや28MHzを覗きに行くがほとんど信号は聞えてこない
 正午合計30QSO。QSOできたマルチ14MHzHL・JA(JA6)・UA9(UA0)・KL21MHzYB・BY・K(K7)・DU・K6・BV・KL・HS・KH6・ZL(ZL3)・UA9(UA0)・LU・ZL2・VE(VE7

 午後は 0420 頃から運用を再開する。しかし、ほとんど信号は聞えないのでしばらく他のことをする
 0520 頃から運用を再開する。21MHzURあたりが聞こえ出す。0730 を過ぎるとゾーン15あたりも聞こえ出すがQSOできる局は少ない
 夕食時合計50QSO。QSOできたマルチ14MHzBV・EU・I・YB21MHzUR・YO・JA(JA1)・VK(VK3)・VK4・UA・SP・EU・I・S5
 UR7GO(7/10)・UT7E(12/10)・EM0I(31/10)からそれぞれQTCを受ける

 夕食後1050 頃から運用を再開する。21MHz何も聞えない14MHzほとんど聞えない。ということで7MHzに出る。
 7MHzもあまり信号は聞えてこないが、近場と米国西海岸方面と何とかQSOできる。
 1200 で今夜の運用を終わる合計58QSO。その後QSOできたマルチ7MHzK(K7)・K0・BY・JA(JA7)・BV・HL・YB14MHzZL(ZL2

 15日朝2130 から運用を開始する。7MHz・CWOK/OMが2・3聞えるのでしばらくは「OK-OM DX Contest」に専念する
 2200 頃から21MHzに出る。米国全土に開けているようであるが、QSOできるのは中央部まで、それも局数は僅か
 諦めてすぐに運用を止め、二度寝をする。合計65QSO。QSOできたマルチ21MHzK8・K4・K028MHzJA(JA3

 0050 頃から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。しかし、QSOできるのは米国西海岸方面と近場だけ。
 14MHz国内局が聞こえ出すがQSOできるのはJA7/8だけ。国内局も得点になり、コールエリアがマルチになるのでQSOできれば有難いのだが、あまり聞えてこない。
 正午合計81QSO。その後QSOできたマルチ14MHzK(K8)・K7・JA7・JA8・JA3・KH628MHzVK(VK3

 午後信号がほとんど聞えてこないので 0500 少し過ぎから運用を再開する。
 ヨーロッパ方面が聞こえ出すが、21MHzのCWバンドOK/OMが多数聞えるので、以後は「OK-OM DX Contest」に専念する。
 結局その後は 1050 ごろに少しだけ7MHzに出て本日の運用を終わる合計89QSO。その後QSOできたマルチ7MHzDU21MHzVK7・UA9、だけ。

 16日朝2250 頃から運用を開始する。21MHz米国全土に開けているようであるが、QSOできるのはW5あたりまで。しかもQTCのやり取りをしている局が多く、局数は伸びない
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計95QSO。その後増えたマルチ21MHzK5、だけ。NX5O(21/10)・W6SX(18A/10)からそれぞれQTCを受ける

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator-All Bands-Low Power
(95 Pts + 49 Pts) x ( 2 x (35 Cntry + 25 CallArea) + 3 x (7 Cntry + 3 CallArea)) = 21600
Clamed Score: 21,600 Point

POINTS: 1 point per QSO
       1 point per QTC
MULTIPLIERS: DXCC entity (+4U1V, GM/s, IT, JW/b, TA1, Z6 ) (1 point on each band)
          ten call areas count as multipliers: W, VE, VK, ZL, ZS, JA, PY and RA8/RA9 and RAO
          weighted" by band. Multiply the number of countries worked;
                 on 3.5 MHz by four
                 on 7 MHz by three
                 on 14/21/28 MHz by two
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ