2015/11/24

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 21 to 1200Z, Nov 22 (21 Nov 21:00 - 22 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 21日夜、1200 UTC から運用を開始する。14MHzと21MHzは何も聞えないので7MHzに出る。
 7MHzもほとんど信号は聞えてこない。何とかDU1/YL3JM(50)RX4W(30)2局とQSOできる。
 しばらくワッチするが何も聞えてこないので、以後は同時にスタートした「JA9 コンテスト」に専念する。

 22日朝2130 頃から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面が何局か聞えるので順次呼んでゆく。しかし、ヨーロッパ同士がQSOしているのでなかなか割り込めない。何とか6局とQSOできる。
 すぐにこちらの電波が届かなくなったので14MHzに変わる。北米東海岸方面の局が2・3聞えるがこちらの電波が届かない。何とかCF3A(09)とQSOできる。
 すぐに諦めて以後は「JA9 コンテスト」に専念する。合計9QSO。QSOできたマルチ7MHz28・31・PK14MHz09

 午後0500 から運用を開始する。まず、14MHzに出る。UA9/0ばかりであるが2・3「CQ LZ TEST」が聞える。UA9/0もマルチになる色々なゾーンがあるので有難い。
 21MHzを覗くと主催国のLZを含めてヨーロッパ方面も聞えるので順次呼んでゆく。時々28MHzを覗く。ヨーロッパ方面も聞えるがQSOできたのはDU1/YL3JMだけ。
 夕食時合計56QSO。その後QSOできたマルチ14MHz33・30・34・32・2921MHz54・SF・29・30・32・DO・33・GA・44・28・BU・21・PK・31・SN・27・4928MHz50

 夕食後1050 頃から運用を再開する。21MHzは何も聞えないので14MHzに出る。ヨーロッパ方面も聞えるがすぐにこちらの電波が届かなくなる。
 諦めて 1130コンテストを終わる合計63QSO。その後QSOできたマルチ14MHz28・27・18、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B2 - Single Operator/All Bands/CW/Low Power
227 Pts x ( 25 Zone + 7 District ) = 7264
Clamed Score: 7,264 Point

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
        3 points per QSO with different continent
        1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band, regardless of the mode
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ