2016/3/22

BARTG RTTY HF Contest 2016  RTTY
BARTG RTTY HF Contest 2016
CONTEST PERIODS: 0200Z, Mar 19 to 0200Z, Mar 21 (19 Mar 11:00 - 21 Mar 11:00 JST)
RULES: URL:http://www.bartg.org.uk/hfrttycontest.asp

 19日午前、0200 UTC 少し過ぎから運用を開始する。各バンドをワッチするが21MHzで2・3信号が聞える。
 すぐにN7NMとQSOできるが、その後は北米方面は聞えず、QSOできるのは近場だけ
 0240 から14MHzに変わる。北米西海岸方面と2・3QSOできるが他は近場ばかり。
 正午合計15QSO。QSOできたマルチ14MHzJA(JA8)・JA3・K(K4)・K7・UA9・K6・HL21MHzK(K7NA)・9M6(OC)・BY(AS)・UA9・KH6・DU

 午後0415 頃から運用を再開する。引き続き14MHzに出るがKH6ZMとQSOできただけで、他に信号が聞えてこないのでしばらく休憩する
 0500 から運用を再開する。14MHzではEM0IとQSOできるが他に信号が聞えてこないので21MHzに変わる。
 21MHzヨーロッパ方面も聞えるがQSOできる局は少ない。
 0700 頃から14MHzと21MHzを行き来する。
 0900 から7MHzに出る。ZL3PAHとQSOできるが他は国内局ばかり。
 夕食時合計50QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJA(JA1)・JA4・ZL14MHzKH6・UR(EU)・YL・ZL・9M621MHzYB・JA(JA3)・UA・ZL・UR・YL・YO・I・SP

 夕食後1000 少し前から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。
 時々DXともQSOできるがほとんどは国内局国内局も得点になるしコールエリアがマルチにもなるので有難い。
 国内局を目当てに専らCQを出す。時々14MHzを覗く。依然ヨーロッパ方面に開けているようであるが、聞える信号は少ない。
 1200 から「Russian DX Contest」が始まったのでこのコンテストに専念するため今夜の運用を終わる合計85QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJA6・K(K7)・JA2・JA5・JA3・DU・9M6・JA9・UA9・K6・VE(VE7)・YB14MHzUA・SP

 20日は同時に開催されている「Russian DX Contest」・「東海QSOコンテスト」・「大都市コンテスト」に専念する。
 夜になって少し7MHzを覗くが3局とQSOできただけ。マルチはHLが増える。

 21日朝0100 少し前から運用を開始する。14MHzに出るが信号はあまり聞えてこない。
 そのうちにコンテスト終了の 0200 となる。合計94QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ14MHzBY・JA7・JA4、だけ。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB Single Operator All Band
94 Pts x ( 36 Cntry + 19 CallArea ) x 4 Conti = 20680
Clamed Score: 20,680 Point

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once per band (including JA, W, VE and VK)
          JA, W, VE and VK areas once per band
          Continents once regardless of band
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ