2016/4/11

Yuri Gagarin International DX Contest  CW DX
Yuri Gagarin International DX Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 09 to 2100Z, Apr 10 ( 10 Apr 06:00 - 11 Apr 06:00 JST )
RULES: URL:http://gc.qst.ru/en/section/32

 10日朝、0050 UTC から運用を開始する。同時に開催されている「JIDX CW Contest」に主力を置いて、「CQ GC TEST」が聞えたら .log ファイル切り替えて対応する。
 午前中はあまり「CQ GC TEST」は聞こえず正午合計4QSO。QSOできたマルチ14MHz32・RK55GC・3421MHz32・RK55GC

 午後0430 頃から運用を再開する。引き続き「JIDX CW Contest」と掛けもちをする。
 0600一休みする合計10QSO。その後増えたマルチ14MHz29・RM55GC・3121MHz29・30

 0700 から運用を再開する。あまり信号は聞えてこない。夕食時合計13QSO。その後増えたマルチ21MHzRM55GC・20、だけ。

 夕食後1110 頃から運用を再開する。引き続き「JIDX CW Contest」と掛けもちをするが、次第にGCに出るの方が多くなる
 1300「JIDX CW Contest」が終わったので、以後はこのコンテストに専念する。しかし、コンディションが悪くなりこちらの電波が届かなくなったので 1330 で今夜の運用を終わる合計37QSO。その後QSOできたマルチ14MHz30・20・28・UP55GC・RT55GC21MHz27・UP55GC

 11日朝2040 頃から運用を開始する。7MHzでまだヨーロッパ方面が聞えるので、聞える局を順次呼んで行く。
 呼べば何とかQSOできるが、こちらの信号が弱いようでなかなかコピーしてくれない
 その内にコンテスト終了の 2100 となる。合計42QSO。その後増えたマルチ7MHz29・32・RK55GC・30・RM55GC

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: E Single operator Multi bands Low power
165 Pts x ( 15 Zone + 9 Station ) = 3960
Clamed Score: 3,960 Point

POINTS: QSO with own ≪P-150-C≫ country count 2 points.
       QSO with a different ≪P-150-C≫ country in the same continent - 3 points.
       QSO with a different continent - 4 points.
       Satellite`s QSO - 100 poins.
3x QSO points on 1.8/3.5MHz, 2x QSO points on 7MHz
MULTIPLIERS: ITU zones once per band
          QSO with special stations (..55GC)
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ