2008/11/11

WAE DX Contest, RTTY  RTTY
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 8 to 2359Z, Nov 9 (08 Nov 0900 JST - 10 Nov 0859 JST)
RULES: URL:http://www.darc.de/referate/dx/xedcwr.htm

 8日10時( 0100 UTC )過ぎから14MHzで運用を開始する。コンディションは今ひとつ。近場ばかりである。主なところは9M6XRO・YB2ECG・VR2PX・XU7MDY・9V1UV・DV1JMといったところ。

 正午前、21MHzに変わると9M6XROが強力に入感、直ちにQSO。おまけにQTCを送る。他にVK6HZとQSO。正午合計19QSO

 午後 0430 頃から運用を再開する。ヨーロッパ方面が聞こえ出し、RA3ANIQTCを送る。他にUW8I・EM9FからQTCを受ける。
 その後 0700 頃から21MHzRD3A・YB4IR・RZ6HF・VR2XLN等とQSO。14MHzに戻ってQTCDP9Aに送り、UZ4E・LY2IJから受ける。他にS53EO・OK4RQ・DJ5JK・DL3TD・IT9BLB・LY9Y・ZM2B等とQSO夕食時合計47QSO

 夕食後7MHzに出る。W方面ヨーロッパ方面が同時に開けているようである。W方面ではW0LSD・VE7AHA・W7OMヨーロッパ方面ではRL3A・RZ3DX・LY1R(+QTC)・RA3AHL・RD3A・UW8I・UT2IU・EV1R等とQSO。1630 で今夜の運用を終わる合計78QSO

 9日6時( 2100 UTC )頃から7MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けており、UU7J(+QTC)・DL5MEV・EU1AZ・LY2IJ・UX2X・S53M(+QTC)・YR9P・9K2HN・I1COB・DL0MB等とQSOできる。
 2220 頃から14MHzに変わる。VE7AHA・K4HMB・W7WW・N6CK等とQSO。2240 から朝食をとる。合計93QSO

 9日 0030 から運用を再開する。コンディションは今ひとつ。正午合計109QSO。主なところは14MHzVA7ST・UN7PBY・LT0H21MHzKH6CO・YB2ECG・DV1JM・E21YDPといったところ。

 午後0450 頃から運用を再開する。0500 を過ぎると14MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。時々「OK-OM DX Contest, CW」に出るが、UA3PAB(+QTC)・YR9P(+QTC)・DL0MB・DL5WW・SP3GXH・SP9LJD・Z37M・UW2N等とQSO。夕食時合計123QSO

 夕食後7MHzに出るが、コンディションは非常に悪い。KK5OQ・RG9A・UA9CLB・AD6ZJとQSO出来ただけで 1500 に今夜の運用を終わる合計127QSO

 10日2150 頃から7MHzで運用を開始するがフェードアウト寸前でDA0BCCQSO+QTCを受けただけ。すぐに14MHzに変わる。
 こちらもコンディションは今ひとつ。KJ6RA(+QTC)・KH0TF/KH2・VK6IR・WB6JJJ・K5AM・NW7DとQSO出来ただけでコンテスト終了の 2400 となる。合計135QSO、3QTC送信、11QTC受信で終わる。こちらの信号が弱いためほとんどQTCのリクエストが無かった。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-Op Low-Power
クリックすると元のサイズで表示します
 使っている「RTCL」ではスコア計算で「バンドウエイト」「カントリーマルチ」と「コールエリアマルチ」両方にかけているが、ルールを良く見ると「バンドウエイト」は「カントリーマルチ」だけにかかるようである。
 再計算すると次のようになる。


Band Qsos Pts Cty Wted Sec Multi QTC
3.5MHz 0 0 0 0 0 0 0
7 MHz 48 48 21 63 13 76 40
14MHz 68 68 31 62 13 75 85
21MHz 19 19 13 62 5 67 10
28MHz 0 0 0 0 0 0 0
----------------------------------------
Total 135 135 65 187 31 218 135
----------------------------------------
( 135 Pts + 135 QTC ) x 218 Multi = 58860
Claimed Score: 58,860 Points

POINTS: 1 point per QSO
1 point per QTC
MULTIPLIERS: DXCC entity (+4U1V, IT, JW/b, TA1, Z7 ) (1 point on each band)
ten call areas count as multipliers: W, VE, VK, ZL, ZS, JA, PY and RA8/RA9 and RAO
weighted by band  Multiply the number of countries worked;
on 3.5 MHz by four
on 7 MHz by three
on 14/21/28 MHz by two
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ