2008/11/17

JT Hamradio-50 Anniversary DX Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 0000Z-2400Z, Nov 15 (15 Nov 0900 JST - 16 Nov 0900 JST)
RULES: URL:http://www.hornucopia.com/contestcal/jt50.pdf

 このコンテストは「WA7BNM Contest Calendar」のサイト( http://www.hornucopia.com/contestcal/contestcal.html )で1週間ほど前に知ったばかり。もちろん「RTCL」にはこのコンテストの .cfg ファイルはない。そこで似通ったルールの「OKDXRTTY.cfg」を改造して「JT50.cfg」を作成する。得点計算等はうまく動作するが、JT局のマルチがうまく動作しない。やむを得ず後で手直しをする

 15日10時30分( 0130 UTC )頃から14MHzで運用を開始する。「CQ TEST」を出しているJT局は2・3聞こえるが、他は聞こえてこない。正午まででJT1CD・JT1BH・JT1AA・JT1DA・JT1CS5局とQSOできるが他はJAが1局UA0が1局合計7局のみ。このコンテストはWW方式でどの局ともQSOできるが、やはりPR不足参加局が非常に少ない

 午後からも14MHzで運用するが、局数は伸びない。UA9/0のほかはHL5YI・RW6HF・DS5KJR・JT1F・RT3T・DL8WF等。OM2VLI1YRLが強力に聞こえていたので無理やりコンテストQSOとする。0730 ごろ21MHz「CQ JT TEST」を出しているとRT3Tが呼んでくる。他に全くヨーロッパは聞こえないが、どんなアンテナを使っているのだろうか。夕食時合計24QSO

 夕食後7MHzに出る。JT局とはQSOできるが、コンディションは非常に悪い。こんなコンディションの中、またまたRT3Tが呼んでくる。参加局が少なく混信が無いので私の弱い信号でもコピーできるのかな?
 結局 1530 頃まで運用して今夜の運用を終わる。合計36QSO

 夜中2・3回起き出すが、何も聞こえてこない。7時ごろ起き出すが、7MHzでQSOしたJTが聞こえてくるだけなので諦めてコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

Entry Class: Single-Op All-Band CW
クリックすると元のサイズで表示します
95 Pts x ( 14 Ctry + 10 JT ) = 2280
Claimed Score: 2,280 Points

POINTS: 1 point per QSO with same country
2 points per QSO with different country, same continent
3 points per QSO with different continent
4 points per QSO with JT station (for AISA station)
MULTIPLIERS: Each DXCC country (excluding JT) once per band
Each JT station once per band
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ