2009/9/22

Scandinavian Activity Contest, CW  CW DX
Scandinavian Activity Contest, CW
CONTEST PERIODS: 1200Z, Sep 19 to 1200Z, Sep 20 (19 Sep 2100 JST - 20 Sep 2100 JST)
RULES: URL:http://www.sk3bg.se/contest/sacnsc.htm

 19日21時( 1200 UTC )少し過ぎから14MHzで運用を開始する。全般的に信号が弱く、ノイズも多いので弱い局はコピーが難しい。
 1300 を過ぎるとほとんど信号が聞こえてこなくなったので一休みする合計24QSO。QSOできたマルチLN9Z(LA9)・LN3Z(LA3)・LA2AB・OH1/2/4/5/6/9・SM3/4/5/6、といったところ。

 1450 頃から7MHzで運用を再開する。時々信号が浮き上がってくる感じで、ノイズも多く、コピーが難しいが、OHばかりとQSOできる。1600 に今夜の運用を終わる。合計39QSO
 その後増えたマルチOH2〜OH6・OH8・OH9・OH0R

 夜中1840 から30分ほど起き出す。7MHzニューマルチとなるOH1F・SM2EKMを含めて6局とQSOできる。

 20日朝6時頃目がさめる。7MHz・14MHzとも何も聞こえてこない。午前中に14MHzでOHあたりとQSOできたこともあるので、時々ワッチするが何も聞こえてこない。

 午後0400 頃から14MHzでビッグガンが時々浮き上がってくる。
 0530 を過ぎると信号も少し強くなり、QSOが可能になる。
 夕食時合計66QSO。増えたマルチOH7・OH8・SI9AM(SM9)・SM0・SM2・OH0Z・OV5A(OZ5)・OH3

 夕食後は信号も強くなったので21MHzも開けているかとワッチする。SM2EKMが強力に聞こえてくるがヨーロッパの局に呼ばれているのでなかなか応答がない。10回くらいのコールで応答があり、何とかQSO。他にOH8L・SM2T・OH8XとQSOできる。
 その後は14MHzに戻る。局数も順調に伸びるが程なくコンテスト終了1200 となる。合計97QSOでコンテストを終わる。
 その後14MHzで増えたマルチSM7・LA7JKA・TF4X・OZ2TF・LA6CF・LA8OM・SM1ALH・LA4WKA

 目標とした100QSOには少し及ばなかったがまずまずの出来

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op./Single TX/Multi Band/Low Power
139 Pts x 41 CallArea = 5699
Claimed Score: 5,699 Points


POINTS: (non-EU:) 1 point per QSO with Scandinavian station on 20, 15, 10m
      (non-EU:) 3 points per QSO with Scandinavian station on 80, 40m
MULTIPLIERS: Worked call-number areas (O-9) in each Scandinavian country are valid as multiplier on each band.

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ