2010/3/23

第50回東海QSOコンテスト  CW 国内
第50回東海QSOコンテスト
開催日時: 平成22年3月21日(祝)09:00 〜 15:00(JST)
規約: URL:http://isotope.iso.sccs.chukyo-u.ac.jp/tkitest/regulation/50th-tkiqso.html

 21日9時から運用を開始する。7MHzのコンディションが良くないだろうと予想して、まず3.5MHzに出る。
 ところが信号が弱く、聞こえる局数も少ない。何とか4局とQSOして諦めて7MHzに変わる。
 7MHzは予想に反してコンディションは良好で、JA2あたりも結構聞こえる。
 聞こえてくる局を順次呼んでゆく。局数も順調に伸びるが、一通りQSOすると新しい局はなかなか見つからなくなる。
 そこで時々14MHzVHF等をワッチするが一向に信号は聞こえてこない12時少し前にやっと14MHzJR2DOLとQSOできる。
 正午合計47QSO

 午後13時から運用を再開する。ところが30分ほどするとJA2あたりはほとんど聞こえてこなくなる。14MHz21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出したので「Russian DX Contest」に主力を置き、このコンテストを終わる合計54QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルOP 電信 HFバンド (X-SCHF)
54 Pts x 42 市・郡・区 = 2268
Claimed Score: 2,268 Points

得 点: 3.5〜21MHz帯 1点
      28MHz帯 2点
      50〜430MHz帯 1点
      1200MHz帯 3点
      2400MHz帯 5点
      5600MHz帯 10点
      10.1GHz帯以上 20点
マルチプライヤー: 管内局:異なる2エリア内の市郡区の数および2エリア外の都府県支庁数
             管外局・SWL:異なる2エリア内の市郡区の数

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ