2010/4/6

第22回和歌山コンテスト  CW 国内
第22回和歌山コンテスト
開催日時: 2010年(平成22年)4月4日 09:00 〜 21:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/wakayama/sub4.htm
          http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1004.htm#0404wakayama

 4日9時から7MHzで運用を開始する。同時に「長崎県コンテスト」も開催されているので、同じログに入力してコンテスト終了後にログを整理する。
 和歌山県の局も2・3聞こえるが全国から呼ばれているのでなかなか順番が回ってこない。
 正午合計6QSOマルチとなるQSOJK3HLP(2606)・JA3EQC(2601)・JA3BYR(26007)・JA3PXH(26002)

 午後からも7MHzをワッチするが新しい局は聞こえてこないので、しばらくは同時に開催されている「SP DX Contest」「EA RTTY Contest」に主力を置く。
 16時過ぎから3.5MHzで運用を再開する。信号も強力で楽にQSOできるが、やはり県内局の参加が少ない。JG3CQJ(2601)・JE3QZV(2608)・JA3BYR(26007)等とQSOできる。
 17:40ごろから1.8MHzに出る。信号はあまり聞こえてこない。
 しばらくワッチしてJA3BYR(26007)JG3CQJ(2601)QSOできる。
 その後もワッチを続けるが新しい局は聞こえてこないので18:00コンテストを終わる合計12QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 和歌山県外 個人局 電信 HFマルチバンド (GCHF)
12 Pts x 9 市・郡 = 108
Claimed Score: 108 Points

得 点: 1交信を1点とする。 SWLは和歌山県内のみを1点とする。
マルチプライヤー: 県内局:各バンド毎に都道府県支庁(和歌山県を除く)および和歌山県内の市郡を1マルチとする。
             県外局:各バンド毎に和歌山県内の市郡を1マルチとする。

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ