2010/4/20

第22回羽曳野コンテスト  SSB/CW 国内
第22回羽曳野コンテスト
開催日時: 2010年4月18日(日)
           @電信電話  7MHZ バンド 13:00 〜 16:00
           A電信電話 50MHZ バンド 09:00 〜 12:00
           B電信電話144MHZ バンド 09:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/club-info.htm#apr
          http://www.activehams.com/habikino.html

電信電話 50MHZ バンド部門
電信電話 144MHZ バンド部門

 18日9時から「オ−ル東北コンテスト」を中断して運用を開始する。まず、50MHz・CWCQを連呼するが全く呼ばれない。
 そこで苦手なSSBに変わりCQを出す。まず、クラブメンバーのJA3AAが呼んでくる。続いてもう1局呼んでくるがコールサインがうまくコピーできない。何とかQSO
 その後は「CQ 羽曳野コンテスト」を出している局を呼びに回る。やはり参加局が少ないようで局数は伸びない。144MHzにも出るが同様である。
 しばらくは50MHz144MHzを行き来する。
 あまり信号が聞こえてこないので7MHzにも出て「オ−ル東北コンテスト」と掛け持ちをする。
 程なくコンテスト終了12時となる。50MHz合計8QSO144MHz合計5QSO。とにかくSSBはくたびれる。
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 50MHZ バンド部門
29 Pts x 7 市・郡 = 203
Claimed Score: 203 Points

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 144MHZ バンド部門
15 Pts x 4 市・郡 = 60
Claimed Score: 60 Points


電信電話 7MHZ バンド部門

 18日13時から7MHz・CWで運用を開始する。主催クラブのメンバーなので「CQ HMC TEST」を連呼する。
 午前よりもコンディションが下がったようであまり呼ばれない。時々「CQ HMC TEST」を出している局を呼びに回るが、参加局も少ないようである。
 全国的に開けてはいるが全般に信号は弱い。その後もひたすら「CQ HMC TEST」を連呼するが、あまり局数は伸びない。

 その内にコンテスト終了16時となる。合計33QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 7MHZ バンド部門
46 Pts x 32 市・郡 = 1472
Claimed Score: 1,472 Points

得 点: 羽曳野市内(JCC#2526)の局との交信   10点
        羽曳野無線クラブ員との交信           10点
        大阪府内の局との交信                2点
        大阪府外の局との交信               1点
マルチプライヤー: 異なる市郡の数。(行政区は不可)

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ