2010/5/12

44th ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST  RTTY
44th ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 08 to 1200Z, May 09 (May 08 2100 JST - May 09 2100 JST)
RULES: URL:http://www.contestvolta.com/44volta-e.pdf

 8日21時(1200 UTC )からはこのコンテストの他「CQ-M International DX Contest」・「関西VHFコンテスト」・「オール山口コンテスト」が同時にスタートする。時間の都合を付けてこれらを掛け持ちする。
 1320 頃から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面にも開けている様であるが信号が弱く、局数も少ない。何とかS53MG6MCQSOできる。
 その後7MHzに変わるがこちらも信号はあまり聞こえてこない。JA・HLのほかはKH6ZMができただけ。
 154014MHzYL9T・IZ8IYLQSOできるが、他には殆ど信号が聞こえてこないので今夜の運用を終わる合計11QSO

 9日224021MHzYB8ELQSOできただけ。
 午後14MHzHL5JGR・KH6ZMとQSOできただけ。合計14QSO

 その後「CQ-M International DX Contest」に主力を置くが、うっかりしてこのコンテストのログにデータを入力してしまう。数局とQSOした時点で気づき、ログの修正をしているとどうしたことかこのコンテストのデータが消えてしまう。バックアップを取っているつもりであったが見当たらない。このコンテストへの参加を諦めて運用を終わる

 しばらくして「ReceiveData」のファイルがあるのに気づきファイルをチェックするとQSOのやり取りが残っている。ノイズによるごみの山の中から「QSOデータ」を探し出しログを再生する時間コンテスト・ナンバー等は残っているが使った周波数の記録は無い。微かな記憶を頼りにして何とかログを再生する。やはりバックアップは頻繁に取っておくべきであった。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band
173 Pts x ( 9 Ctry + 2 CallArea ) x 14 Stns = 26642
Claimed Score: 26,642 Points

POINTS: Contacts between stations within the same country(call area) will not be valid.
       Contacts made outside one's own continent on 3.5 or 28 MHz are worth double points.

Point Table(in Zone:25)

QSO Zone: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Points: 16 28 24 30 31 33 38 37 41 45 52 50 53 27 27 22 19 14 9 26 24 18 13 8 2 13 9 15 23 30 18 27 32 28 41 40 33 40 33 25

MULTIPLIERS: Each country(DO NOT COUNT JA-VE-VK-W-ZL)
          Each call-area in JA-VE-VK-W-ZL, once per band
          Each country on a different continent worked on at least 4 bands once (extra mult)

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ