2007/7/18

IARU HF World Championship  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 14 to 1200Z, Jul 15 (Jul 14 2100 JST - Jul 15 2100 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/contests/rules/2007/iaru.html
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2-6_stations/iaru-test2007.htm

 14日 1200UTC スタート。まず14MHzOH1VRRA3UTがQSOでき、幸先が良い。しかしコンディションはいまひとつ。
 7MHzを覗いた見るが、こちらも近場だけ。しばらくは14MHzでがんばることにする。1400 ごろまでに、9V1YC・UA4LU・JT1DA・9M2CNC・OL7T・RD3A・RL3A 等とQSO。
HQ局ではHL0HQ(KARL)・EM5HQ(UARL)・HS0AC(RAST)・R9HQ(SRR)・YL4HQ(LRAL)・LY0HQ(LRMD) 等とQSO。
 1400 頃から7MHzW6あたりが聞こえだしたので7MHzに変わる。9V1YC・NA8O/AH0・ZL1V・ZM2B それに 8N3HQ(JARL) 等とQSO。
 1430 頃からは再び14MHzに出る。ヨーロッパが開けだしたが、マルチが ITU Zone なのでスコアはあまりあがらない。HQ局では B1HQ(CRSA)・SN0HQ(PZK)・OE1A(OVSV)・EK0HQ(FRRA)・OL4HQ(CRC)・OM7HQ(SARA)・S50HQ(ZRS) 等とQSO。
 珍しく夜中過ぎまで運用して1555 に今夜の運用を終わる。QSO局数はやっと92局。「250 QSO 」または「75 Multi 」で「 Achievement level award 」が得られるが達成できるかどうか、微妙なところである。

 15日朝2030 頃から運用を開始する。7MHz LR4A(RCA) とQSOできるがほかはJA・HL・BYだけである。2055 21MHzでJF3EIG Op 8N3HQ とQSO。ほかは B5HQ(CRSA) だけ。コンディションは良くない。
 2400 までは14MHzで運用。8N1HQ(JARL)・NA8O/AH0・KG6DX・YE1ZAT・E21EIC・DU3NXE 等近場ばかり。ちょっと変わったところでは UA0YAY(Zone:42) くらい。
 午後からは21MHzをメインにして時々14MHzと28MHzを覗きに行く。21MHzでは E21EIC・RZ0IWZ(Zone:25)・HL0HQ(KARL)・NA8O/AH0・KG6DX・VR2BG・BV0HQ(CTARL)・E21EJC・VK7GN 等。28MHzではJA・HLのほか HL0HQ(KARL)、14MHzでは K0RF・KC7V ができただけ。1630 154QSO。250QSOまであと100QSOも必要、前途多難である。
 その後夕食まで主に14MHzに出てJAで局数を稼ぐ。211QSOとなり、250QSOにも目鼻がつく
 夕食後7MHzに出る。こちらもJAが主で、LW4EU・KL3R・PS2T・RN9S(Zone:30)・ZL6A(NZART)・PP5IZ 等とQSOできる。
 1117 N7WA250QSO達成。DUP等があるのであと10QSOくらいは必要と思われる。1150 AA6XVとのQSOでコンテスト終了261QSOの結果となった。DUPやミスコピーなどを差し引いても何とか250QSOは達成できたと思われる。マルチ71で75マルチには及ばなかった。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-OP CW-only Low-Power


クリックすると元のサイズで表示します

761 Pts x ( 45 Zones + 26 HQ stns ) = 54031

Claimed Score: 54,031 Points

0

2007/7/24  17:37

投稿者:JA3JM
CTQさん、コメント有難うございます。OPのコールサインを打ってこられたのですが、うまく取れませんでした。CTQだと思い込んでいました。
訂正しておきました。
250局はこの設備ではかなりきついです。よく出来たと思います。hi

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ