2011/3/28

CQ WW WPX Contest, SSB  SSB DX
CQ WW WPX Contest, SSB
CONTEST PERIODS: 0000Z, Mar 26 to 2359Z, Mar 27 (26 Mar 09:00 - 28 Mar 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.cqwpx.com/rules.htm

 26日朝 0100 UTC 少し過ぎから運用を開始する。まず14MHzをワッチするがコンディションは今ひとつでBQ100QSOできただけ。すぐに21MHzに変わる。
 21MHz近場の他米国西海岸あたりも聞こえてくる。聞こえる局を順次呼んでゆくが、呼び合いになってほとんどQSOできない。正午合計19QSOQSOできたマルチ14MHzBQ10021MHzB7P・BX5AA・KL7RA・WS7X・BV100UA0UK・NR6O・WH2X・KW7Y・JF4CAD/VE7GL・BA1AI・KK7OO・VR2XLN・NJ7N・DV1JM・DZ1B。

 午後0420 頃から運用を再開する。引き続き21MHzに出る。ヨーロッパ方面も時々聞こえてくるが殆どQSOできない。
 0820 頃から7MHzに出る。米国西海岸方面も聞こえるが呼び合いになって殆どQSOできない。国内も開けているが殆どの局は呼びに回っているので、マルチの宝庫なのにQSOできない。夕食時合計27QSO。その後増えたマルチ21MHzKG6DX・ZX5J・VK4KW・RK4FF、7MHz8N7YAB。
 夕食後7MHzに出る。W6/72・3できただけ。1300 で今夜の運用を終わる。増えたマルチNF6A・WC6H・RU0LM・W7RN。

 27日朝0130 から21MHzで運用を開始する。米国全土に開けている様であるがQSOできるのは西海岸方面近場のみ。正午合計42QSOQSOできたマルチK0DU・BD7LMD・KH0/KH7ERI・VA5AA・NH6P・VC6X・BG7BKM・NY6N・DU1UGZ・BY1OK。

 午後0430 過ぎから運用を再開する。早々にLP1H・LS1D・LU5FFの南米QSOできるが他はあまり聞こえないので14MHzに変わる。14MHzでもPQ5B・CE1A・LU1MA等の南米QSOできる。
 0820 頃から7MHzに変わるがQSOできたのはN6QQ・N7TT・JA6DIJ・JO3DDDだけ。夕食時合計56QSO
 夕食後1100 から運用を再開する。殆どQSOできず、マルチ7MHz4H1T・HL1CBH・R0/KE5JA、14MHzUP2Lが増えただけ。1140 で今夜の運用を終わる合計62QSO

 28日朝2130 から21MHzで運用を開始する。コンディションはかなり良くなったようで、局数は少ないが米国の中部あたりのN0MA・N8BJQ・KG0F・W4MYA・WK9T・KG9N、それにXU7FMZとQSOできる。その内にコンテスト終了2400 となる。合計71QSOコンテストを終わる。

 とにかくSSBはくたびれるしゃべるのに疲れるし電波が弱いので、呼んでも殆どの局は反応がない応答があってもコールサインを取って貰うのに5・6回、ナンバーを取って貰うのに2・3回送信を繰り返さないとダメである。全体では5・600局とQSOしたのと同じぐらいエネルギーを使っている感じである。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: SOAB-LP
204 Pts x 60 Prefix = 12240
Claimed Score: 12,240 Points

POINTS: 6 points per 160/80/40m QSO with different continent
       3 points per 20/15/10m QSO with different continent
       2 points per 160/80/40m QSO with same continent different country
       1 point per 20/15/10m QSO with same continent different country
       1 point per QSO with same country (regardless of band)
MULTIPLIERS: Prefixes once (regardless of the band)

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ