2011/4/13

Yuri Gagarin International DX Contest  CW DX
Yuri Gagarin International DX Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 09 to 2100Z, Apr 10 ( 10 Apr 06:00 - 11 Apr 06:00 JST )
RULES: URL:http://gc.qst.ru/en/section/32

 10日朝 2100 UTC から7MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面は少し遅かったためか30(UN0L)28(S52AW)しかQSOできない。その後は主力を「JIDX CW Contest」に置いて「CQ GC TEST」が聞こえるとその局を呼ぶ。
 正午合計15QSO。その後増えたマルチ14MHz31・33・23・32・30・34・2921MHz30・32・31
 午後も同様に「JIDX CW Contest」の合間に「CQ GC TEST」を探す。しかしあまり信号は聞こえてこない。夕食時合計25QSO。増えたマルチ28MHz3214MHz関連局のR3Kだけ。

 夕食後1015 頃から運用を開始する。主として14MHzに出るがヨーロッパ方面にも開けており次第に「CQ GC TEST」が多くなる。しかしマルチITUゾーンなのでマルチは殆ど増えない
 「JIDX CW Contest」1300 に終わるが聞こえる局数はあまり増えない。
 1330 頃から7MHzに出る。殆ど信号は聞こえてこない。何とか32(UC0A)・20(RJ9J)QSOできる。
1400 で諦めてコンテストを終わる合計66QSO。その後増えたマルチ14MHz21・28・18・20。今回はガガーリンの50周年であるが例年より参加局が少なかったように思われる。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Op Multi-Band
235 Pts x ( 19 Zone + 1 Station ) = 4700
Claimed Score: 4,700 Points

POINTS: QSO with own ≪P-150-C≫ country count 2 points.
       QSO with a different ≪P-150-C≫ country in the same continent - 3 points.
       QSO with a different continent - 4 points.
       Satellite`s QSO - 100 poins.
       3x QSO points on 1.8/3.5MHz, 2x QSO points on 7MHz
MULTIPLIERS: ITU zones once per band
          QSO with RG50F, RK50G, RS3A, R3K, UP7Z, R50SK, R50YG and UP50G

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ