2011/11/30

CQ Worldwide DX Contest, CW  CW DX
CQ Worldwide DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 26 to 2400Z, Nov 27 (26 Nov 09:00 - 28 Nov 09:00 JST)
RULES: URL:http://www.cqww.com/rules.php

 26日朝、0010 UTC から運用を開始する。ハイバンドのコンディションが良さそうなので、まず28MHzに出る。米国全土に開けているようであるが、QSOできるのは中央部まで。それにブラジル2・3できる。
 0100 から21MHzに出る。同様に米国全土に開けているようであるが、QSOできるのは西海岸近場ばかり。
 0200 からは14MHz28MHzを行き来する。正午合計92QSO
 QSOできたマルチ14MHzK(03)・04・05・BY(24)・BV・HL(25)・UA9(19)
 21MHzBV(24)・K(03)・04・BY・VE・VK(29)・KH(27)・UA9(19)・30・KH2・9M2(28)・YB・PY(11)・ZL(32)・9M6・18
 28MHzK(03)・PY(11)・VE・VR(24)・04・BY・9M2(28)・YB・LU(13)・VK(30)・ZL(32)・UA9(19)・DU(27)・BV・KH0・29・17

 午後0410 頃から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。南米ヨーロッパ方面が時々聞こえてくる。0637 には14MHzEL2A(35)QSOできる。CQを連呼していたので呼ぶとすぐに応答がある。
 0700 を過ぎると各バンドともヨーロッパ方面が強力に聞こえ出す。0820 頃から7MHzに出るがあまり信号が聞こえてこないのですぐに14MHzに戻る。夕食時合計200QSO丁度。増えたマルチ7MHzKH6(31)・K(04)・03・UA9(19)・PY(11)
 14MHzKH6(31)・18・UA(16)・17・CX(13)・CE(12)・KH2(27)・LU・YU(15)・EU・OM・OK・JT(23)・EL(35)・SM(14)・OH・LZ(20)・E51MAN(32)・PA・I・DL・UR・S5・ZL・ER・VK(30)・DU
 21MHzZK2V・UN(17)・JT(23)・YU(15)・UA(16)・UR・SP・EY・S5・OH・LY・LZ(20)・9A・HA・DL(14)・OK・IR9Y・LA・F
 28MHzUN・KH2・18・UA(16)

 夕食後1000 から運用を再開する。まず14MHzをワッチするがあまり信号が聞こえないのですぐに7MHzに変わる。結構にぎやかで時たまヨーロッパ方面も聞こえてくる。
 112014MHzを覗いた見るとヨーロッパ方面が聞こえるが今ひとつ。すぐに7MHzに戻る。
 1300 で今夜の運用を終わる合計255QSO。その後増えたマルチ7MHzBV(24)・KL(01)・HL(25)・BY・SM(14)・VK(30)・YB(28)・KH(27)・KH2・ZL(32)・VE・UA(16)・9M6・DU・YL(15)・1814MHzSP・29

 27日朝2150 頃から運用を開始する。まだ7MHzヨーロッパ方面に開けており結構強力に聞こえ、呼べばほとんどが一発で応答がある。信号が弱くなりこちらの電波が届かなくなったので 2215 頃からは14・21・28MHzを行き来する。各バンドとも米国全土に開けているが弱い電波では東海岸のビッグガンと時たまQSOできる程度である。2340 で朝食のため一休みする合計324QSO
 その後増えたマルチ7MHzDL・SP・UR・OM・LZ(20)・9A・YU14MHzVE21MHz05・XE(06)・CX(13)28MHz05・XE(06)
 朝食後0020 頃から運用を再開する。引き続き14・21・28MHzを行き来する。各バンドとも少しコンディションが良くなったようで局数が伸びる。正午合計391QSO
 その後増えたマルチ14MHzKL(01)・JA・VR21MHz3W(26)・KH6(31)・LU・JA(25)・T2V・CE(12)28MHzKL(01)・9M6・EX・JT(23)・KH6(31)

 午後0400 から運用を再開する。引き続き14・21・28MHzを行き来する。ヨーロッパ方面も入感しだす。
 夕方にはヨーロッパのビッグガンエコーを伴いコピーが難しくなる。夕食時合計502QSOハイバンドコンディションが良いためか目標とした500QSOを超える。
 その後増えたマルチ14MHzLA・ZD8W(36)・OZ・9V(28)21MHzYO・Z3・I・EA・OM・TC3A・ES・OE・PA・SM・YL28MHzUR・HA(15)・LY・OK

 夕食後1000 から運用を再開する。まず7MHzに出るがあまり信号は聞こえてこない。そこでJAだけでもやっておこうと3.5MHzに出る。N6SSが強力に聞こえているので試しに呼んでみると何と応答がある。私の信号はかなり弱いようで何度も呼んで何とかQSOできる。JA局は数局聞こえるのでどの局とQSOしようか、と迷っているとJS3CTQが出てきたのですぐに呼ぶ。
 その後は7MHzに戻る。次第ににぎやかになり、ゾーン04あたりと何とかQSOできる。7MHzでもJAをやっておこうと強力なJH8SLSを呼ぶ。1130 で今夜の運用を終わるマルチ3.5MHzK(03)・JA(25)7MHzJAが増えただけ。

 28日朝2050 から運用を開始する。7MHzに出るがノイズが多くほとんどコピーできないアッテネーターを入れてコピーできる強力な局だけを呼ぶ。早々にIH9R(33)QSOできる。その後もヨーロッパ方面が好調で局数・マルチともに伸びる。2130 を過ぎると次第に信号が弱くなりQSOできなくなったので、2150 からは14・21・28MHzを行き来する。
 米国東海岸方面とも局数は少ないが何とかQSOできる。222514MHzC5AQSOできる。ロングパスのようでCQを連呼していたので呼ぶとすぐに応答がある。他にEL2A(QSO済み)も聞こえる。
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計605QSO。その後QSOできたマルチ7MHzIG9H(33)・HA・I・ER・OH・YO・OE・OK14MHzKH0・9M6・C5・9M221MHzKL(01)28MHzJA(25)
 ハイバンドと7MHzのコンディションが良かったので目標とした500QSOを大きく超え、600QSOをも超えることができる。上出来!!

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
1544 Pts x ( 160 Cntry + 90 Zone ) = 386000
Clamed Score: 386,000 Points

POINTS: 0 points per QSO with same country (counts as mult)
       1 point per QSO with different country same continent
       2 points per QSO with different country same continent (NA)
       3 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: Each CQ zone once per band
          Each country once per band

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ