庭仕事の思いつき

イギリスの田舎でのガーデニング日記 と、ロンドンでの日常
そして…南アフリカに住居を移し イギリスでのガーデニングは当分休止
アフリカでの日々をここに

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

**************



カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Akiko
Qさん、こんにちは。偶然にも渋いところに大当たりし
た、って感じですね。(笑)ちなみに一緒に行った相棒に今
確認したところ『14ヘクタール』のようです。がんばってま
す、プルニエ氏。

なかなか他のワインにまで手が(喉が)回らないので、とり
あえず大好きなブルゴーニュとピノノワールをこれからどん
どん探究してゆこうと思っております。

とにかく、ブルゴーニュのそれらの小さなワイナリーを見た
あとでは、「大手スーパーマーケットよりもローカルショッ
プをサポート」という日々の私のポリシーが刺激され、その
上もちろんワイン自体も大変美味しいので、フランスの美味
しいワインが手に入りづらいロンドンで頑張って飲み続けて
参ります。

どうぞ、これからもご指導のほどよろしくお願いします。

P.S. 住所の訂正ありがとうございます。怠けて、そのまま
レシートの上に載っていた住所を、書き写したのが間違いで
した。訂正します。

http://sun.ap.teacup.com/devon/
投稿者:Q
Akikoさん、こんにちは。ブルゴーニュに嵌っているようですね。M.Prunierとは渋いと思います。比較的リーズナブルなブルゴーニュとして80年代に良く飲みました。看板の(一つの)Clos Du Valの89がまだセラーに有るので近々飲んでみようと思います。しかし13ヘクタールですか!私が知っている頃は5ヘクタール位でしたから大分増やしたんでしょうね。個人的には大きすぎるようでちょっと危惧しますが。(あとどうでも良いことですが、住所が違っています。(Meursaultでなく、Auxey-Duresses))

優れたブルゴーニュの白は赤よりも高度で、複雑です。ラフォンやルフレーヴ、ラモネなどの超一流のドメーヌの白を飲むと、如何に素晴らしい赤(例えばDRC)でもがさつで単純だと思えてきますよ。

http://sky.ap.teacup.com/terroir/
投稿者:Akiko
是非!是非!調べてみて下さい。私もいつも「赤」なんです
が、今回フランスに行って美味しい「白」って、「ソールテ
ルヌ」意外にあるんだと浅はかながら自覚しまし
た。FRANCEの友人、AKIにありがとう!です。そしてQさ
んに、これからよろしくお願いします!って感じなのです。

白!いけます。絶対!

http://sun.ap.teacup.com/devon/
投稿者:Splendid
Akikoさん、喉を何度もゴクンと鳴らしながらワインフェスティバルのお話を読みました。 写真の素晴らしさは勿論、フランス人のワインに対する情熱が伝わって来て…今すぐにでも飲みたい!と思いました。

「ミッシェル・プルニエの白は素晴らしい」との事、アメリカでも手に入るか調べてみます。 赤の大好きな私ですが、この一言を読んで「白!白も飲む!」と興奮しております。



http://happy.ap.teacup.com/splendid/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ